1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)
 

労働市場は今年の第一四半期、好転的な兆しが見えている。オンラインによる雇用調査によると労働需要は前四半期比6.5%減少となったが、供給が14.1%増加した。

不況時は人々は安定を離れて何かにチャレンジすること嫌がるが、労働供給の増加は経済回復と共に人々が自信を持ち始めている証拠である。人々はより良い仕事を求めて行動している。経済回復は労働の需要を増やし職探しの機会を生み出す。営業、経理、ファイナンス、アドミ、IT、マーケティングは労働需要が高い。供給側を見ると、経理、アドミ、人事関連、営業、カスタマーサービスが高い。需要を業界別で見ると建設、会計、銀行、電気、観光がトップ5にくる。

原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/05/positive-signs-in-labour-market/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・労働市場に好転の兆し from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET