1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.67 評価, 3 投票)
 

中国での電気自動車(EV)普及を見越し、国内外の電池メーカーや電子機器メーカーなどが続々と、中国向けのEV充電設備の開発、設置を進めている。

21日付『上海証券報』が業界関係者の話として伝えたところによると、これまでに国内では電池メーカーで自動車会社も持つBYD(比亜迪)や、電力関連会社の許継電気、海外企業では米コネクターメーカーのアンフェノール、電子機器の独シーメンスなどが中国の充電設備事業に参入している。中国のEV業界では充電などに関する国家基準の制定が遅れているとの指摘があるが、電力会社や各メーカーなどが先行する形で各地方での充電設備設置を進めている。ただ、EV自体の普及が進んでいないという現状もある。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2010/05/china-ev-charge-business/trackback/
この投稿へのリンク
中国・EV充電分野に国内外企業が続々参入 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET