1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)
 

英国系人材コンサルタント会社ECAインターナショナルの発表によると、アジア系駐在員の駐在都市ランキングで、シンガポールが昨年に続いて第1位となった。インフラ、衛生・医療、治安、大気汚染などのポイントを比較した結果、アジアの駐在地域で最も快適とされたのは、1位シンガポール、2位シドニーとなった。

3位神戸、4位に横浜とメルボルンが並ぶ。トップ10に入ったアジア太平洋地域以外の地域はコペンハーゲンとバンクーバーのみ。
気候、空気が良い、住宅などの環境も評価の重要なポイントで、北京はオリンピックに伴いインフラ関連が良くなったとして評価が向上した。
アジア地域では、香港が11位、台北とマカオは56位、クアラルンプールは61位、ハノイ122位、マニラ138位、ジャカルタが190位となっている。
アジアに関する別の調査結果では、先月、調査会社Economic Intelligence Unit(EIU)が発表した、外国駐在員にとって最も物価の高い都市トップ10に、東京と大阪、シンガポールが入っている。同調査結果では、上海がシドニーより高く、ニューヨークよりわずか2パーセント安いとしている。トップ10のうち他の7都市はヨーロッパの都市とのこと。(原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/03/singapore-is-asia-no1-resident-representative/trackback/
この投稿へのリンク
アジア系駐在員の駐在したい都市No.1はシンガポール from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET