1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

国務院商務部は香港経済を支援するため、今年計画されている香港と中国本土の「より緊密な経済・貿易関係に向けた協定(CEPA)」第6補充協議の調印を前倒しするもようだ。第5補充協議に引き続き広東省でサービス業開放が先行実施される。24日付『文匯報』によると、CEPA補充協議は2004年以来、毎年下半期に調印されてきたが、今年は金融危機の影響を考慮して上半期中に調印するとみられる。広東省が金融、科学技術革新、教育・養成訓練の3分野を重点的に開放するほか、一部の専門サービスでも先行して開放する内容になるという。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/03/guangdong-cepa-open-3-sectors/trackback/
この投稿へのリンク
広東省、CEPAで金融など3分野開放へ from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET