1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

会計監査法人のプライス・ウォーターハウス・クーパーズ(PWC)は5日、今年の香港での新規株式公開(IPO)予測をメーンボード30社、GEM(新興企業向け上場市場)5社の計35社、資金調達総額を約700億ドルと発表した。うち5社はA株とH株の同時上場を計画している大手国有企業だという。2008年のIPO全体のパフォーマンスは過去5年で最悪の結果に終わったが、同社は中国本土の景気刺激策や欧米の経済措置により09年下半期の市場は楽観できるとコメント。また、市場関係者からも08年後半は金融危機の影響で多くの企業が上場を見送ったことから、今年はこれらの企業が再度上場を計画すると予測されており、中でも資源開発の「中冶金」の資金調達額は今年のIPOの中で最も多い200億元以上と見積もられている。6日付『香港経済日報』が伝えた。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2009/01/pwc-forecasts-this-years-hong-kong-ipo-35/trackback/
この投稿へのリンク
PWC予測、今年のIPOは35社【香港—経済】 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET