1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

深セン市政府と香港特区政府は18日、両地のボーダー東部の新税関・出入境管理所「蓮塘/香園囲口岸」の建設について合意に達したと発表した。同日行われた香港・深セン・ボーダー開発合同チームの第2回会議で、蓮塘/香園囲口岸を来年着工し2018年の完成を目指すことが決まった。第5の陸路車両越境ルートとなり、主に広東省東部、福建省、江西省への貨物・旅客輸送の便宜を図る。2030年には1日当たり2万600台の車両が利用し、143億ドルの経済効果が見込まれる。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2008/09/new-customs-east-border-of-south-china-will-complete-year-2018/trackback/
この投稿へのリンク
ボーダー東部の新税関、2018年完成目指す【華南―経済】 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET