1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

商業者は、クレジットカードでの支払いの引受について、制限を加えてはならず、顧客はそのような違法行為をカード発行者に報告すべき、と香港消費者委員会より勧告が発行されています。

 

本日委員会は、3つのクレジットカード連盟による規定に従い、商業者は、取引金額に如何なる追加手数料を加えてはならず、ミニマムの支出額を設定してはならない、と発表しています。

 

調査を受けた18のクレジットカードを発行している銀行については、追加手数料の返金について応じるとしているが、インボイスに別途追加手数料の項目を故意に載せない商業者も存在するので、顧客は返金をクレームするのに必要かつ十分な証拠を得ることは難しいと考えられます。

より良い教育政策を取る必要性

 

この状況を打開するため、委員会では更なる教育的公開を推進すべきだとしています。クレジットカード連盟やカード発行者は、カード保持者に対し、そのような違法行為について注意を喚起する通知を発行し、追加手数料の返金についての申請手続きをとりまとめ、返金を得る権利について通知する必要があります。

 

消費者は、商業者によって課される追加手数料を含む如何なる制限も拒否し、そのような事件をカード発行者へ報告するべきだとしています。

 

クレジットカード連盟やカード取得者は、商業者が営業規則や規定を遵守しているかを確かめる必要があります。クレジットカード連盟やカード発行者は、規定を順守していない商業者に対する顧客より報告された不平不満や不正行為については、確実に対応することとなっています。

 

政府発行のソース記事

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2008/08/recommendation-for-additional-credit-card-fees/trackback/
この投稿へのリンク
クレジットカード追加手数料についての勧告が発行 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET