1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1.50 評価, 4 投票)
 

相談者:製造販売(日本)
現在中国から製品を仕入れております。そちらのほうで製造に必要な金型の費用を支払って欲しいといわれました。
香港では減価償却費はどのようになっているのでしょうか?また日本のような小額資産の一括償却制度などはありますか?

会計上は、償却方法、耐用年数等について、会社が合理的と認める範囲内で独自に決定します。一般的に、定額法で残存価額をゼロとする例が多いといえます。
固定資産として計上するもの金額的な基準についても、同様に会社が合理的な金額を決定することになっています。

税務上では、会計の処理とは別個に、税法規定にしたがって計算します。
(例:機械装置 10~30%の定率法)
また、初年度特別償却も広く認められています。

タグ: 減価償却

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2005/10/depreciation-in-hong-kong/trackback/
この投稿へのリンク
[NNA Q&A] 香港での減価償却について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET