1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

相談者:製造販売(日本)
香港法人の日本支店の設立を考えています。日本での登記手続きの為に、下記の書類を揃えています。

  1. 本店の存在を認めるに足る書面(本国での登録、官庁の証明書等)
  2. 日本における代表者の資格を証する書面(外国会社による任命書、契約書等)
  3. 外国会社の定款あるいはその他会社の性質を識別しうる書面です。

いずれも外国会社の本国の管轄官庁の認証を受けたものとあります。この中の(1)(3)は、香港の場合、具体的にどのような書類の事でしょうか?又、この管轄官庁の認証は、どこで受ければ良いのでしょうか?もし、サンプルでもありましたら何卒、宜しくお願い致します。

香港法人に関する登記関係の書類ですが、通常であれば、以下のような書類になります。

  • 設立登記証明書(CI/Certificate of Incorporation)
  • 商業登記証(BR/Business Registration Certificate)
  • 登記年次報告書(AR/Annual Return)
  • 定款
また、監督官庁の認証は、公証人が対応します。
いずれにしましても、香港法人には、必ず会社秘書役(通常は、会計事務所や弁護士事務所)が任命されていますので、そちらに資料一式や認証手続きを依頼する形になります。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2005/09/establish-japan-branch-by-hong-kong-company/trackback/
この投稿へのリンク
[NNA Q&A] 香港法人の日本支店設立について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET