1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1.00 評価, 1 投票)
 

相談者:その他(日本)
香港での会社設立で検索をしていたらここに辿り着きました。日本の会社の100%出資で現地法人を設立する予定です。日本の会社の定款・会社謄本を提出しなければならないようですが、英訳したものを公証人役場で認証を受けただけでいいのでしょうか?印鑑証明書も英訳をしたものを認証してもらうのでしょうか?初めてのことでよくわかりません。

香港での「現地法人」の設立に際しては、弊社では謄本等はオリジナルである日本語版を頂いております。
会社登記所などの役所には、原文、英文とも提出は不要です。
また、香港で「支店」の登記では、会社登記所より謄本の英訳とその認証が求めれます。
この場合、日本で原本である旨の証明と、英語能力を証明する書類(通常香港で指定の公証人の認証)が必要になります。
なお、現地法人、支店のいずれの場合でも、印鑑証明は不要です。

タグ: 設立

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2005/02/documents-of-establish-local-company/trackback/
この投稿へのリンク
[NNA Q&A] 「現地法人」の設立書類について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET