1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (3.00 評価, 2 投票)
 

相談者:貿易(東京)
香港法人の会社秘書役員についての質問です。
今の会計事務所には、毎年1万香港ドル近くを支払っていますが、やってもらっているのは登記所への書類提出ですので、個人でもやれるのではと思いますが、香港の法律では可能でしょうか。よろしくご教授おねがいします。

会社秘書役(Company Secretary)は個人でも就任可能です。ただし、香港居住者に限られます。
香港のすべての会社には取締役と同様に会社の機関として会社秘書役の任命が義務付けられており法定の登記事項の一つにもなっていますが、主な任務は香港会社法で定められた様々な書類を会社のために準備し、会社登記所に提出し、これらを保管することです。
毎年の年次報告書(Annual Return)提出や取締役・住所・資本金等の登記事項の変更、各種議事録作成の場合にかかわってきます。
会社の法務の担当者としての側面もありますので、通常は香港の法律に精通した人や会計事務所、法律事務所が担当しています。
なお、弊社が就任した場合の費用ですが、年間で6,000香港ドルで、一般的事項(年次報告書作成や議事録作成等)を含んでおります。

タグ: 会社秘書役

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2004/06/about-company-secretarial-officer/trackback/
この投稿へのリンク
[NNA Q&A] 会社秘書役員について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET