ベトナム・納税期限の延長

法令

付加価値税、法人所得税等の納税期限を延長する政令 DECREE 34/2022/ND-CPが2022年5月28日付で発行され、当該日付から2022年12月31日まで適用されます。

概要

付加価値税(輸入時除く)の納税期限

対象期間 納税期限
2022年3月 2022年10月20日
2022年4月 2022年11月20日
2022年5月 2022年12月20日
2022年6月 2022年12月20日
2022年7月 2022年12月20日
2022年8月 2022年12月20日
対象期間 納税期限
2022年第1四半期 2022年10月30日
2022年第2四半期 2022年12月31日

法人所得税の予定納税期限

対象期間 予定納税期限
2022年第1四半期 2022年7月30日
2022年第2四半期 2022年10月30日

適用対象

  • 指定された業種における企業等 (食品製造加工、建設、コンピュータープログラミング 等)
  • 法令に基づく中小零細企業

手続き等

延長を希望する場合、延長申請書を税務局に提出します。(提出期限:2022年9月30日)

なお、納税期限は延長されますが、税務申告書の提出期限は従来通りです。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

インドネシア・社会規制の緩和と延長について(2022年6月)

政府は、新型コロナウィルス感染拡大に伴うPPKM (緊急活動規制)を引き続き発令しています。インドネシア内務省2022年6月6日通達が発令されており、7月4日までの期間で国内各地の社会規制のレベルが更新されております。

Jakarta近郊においては、Level 1に引き下げられております。

社会規制Levelの引き下げに伴う主要な変更点は下記となります。

  • 一般企業の出勤率は定員の100%出社が解禁(ただしワクチン接種済みの従業員に限り、Peduli Lindungiアプリ利用が必須)
  • 制限付きで対面授業を解禁し、各省庁(教育省等)の詳細規程によって定めるものの一部では100%定員での対面授業の解禁
  • ジム・会議室などの利用も100%定員で利用可能
  • スーパー・市場・雑貨店・理髪店・クリーニング・物品販売や小売業も保健プロトコル遵守の下で営業制限を設けない
  • 映画館・宗教施設・ショッピングモール・スポーツ施設・公共交通機関・結婚披露宴などにおいても、100%定員での営業を認める
  • 屋外で密にならない活動においてはマスク着用を義務付けない(ただし自宅外の屋内は引き続きマスク着用義務)

報道においては、今後インドネシア国内での新規感染者数や病床利用率が低い数値で推移し、感染爆発が6か月間ない場合には、社会規制を撤廃する見込みで、早ければ2022年8月、現状見込みにおいては同年11月-12月においては、社会規制そのものが撤廃される可能性があるとの報道がされております。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

ベトナム・2022年 地域別最低賃金

法令

地域別最低賃金を定める政令 DECREE 38/2022/ND-CPが2022年6月12日付で発行され、2022年7月1日より適用されます。

概要

労働契約に基づく労働者に対する最低賃金は次の通りです。

地域 最低賃金
月額
最低賃金
時給
第Ⅰ地域 4,680,000 VND/月 22,500 VND/時間
第Ⅱ地域 4,160,000 VND/月 20,000 VND/時間
第Ⅲ地域 3,640,000 VND/月 17,500 VND/時間
第Ⅳ地域 3,250,000 VND/月 15,600 VND/時間

これに伴い、失業保険料の上限額も引き上げられます。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

中国・増値税留保税額全額還付政策の実施対象の拡大に関する公告

財政部 税務総局 増値税留保税額全額還付政策の実施対象の拡大に関する公告
(財政部 税務総局公告2022年第21号)(原文

主に下記の内容が規定された。

増値税留保税額全額還付政策の実施対象を拡大し、月ごとに増値税増加留保税額の全額還付、留保税額の一括還付政策の実施対象を製造業などの業界から、「卸売と小売」、「農業、林業、牧畜業、漁業」、「宿泊と飲食業」、「居住民サービス、修理とその他サービス業」、「教育」、「衛生と社会活動」及び「文化、体育と娯楽業」(以下は卸売小売業等の業界という)企業(個人経営者を含む、以下は同じ)に拡大する。条件に合致する卸売小売業等の業界に属する企業は2022年7月の納税申告期より還付を申告することができる。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

中国・企業社会保険費の段階性納付猶予政策実施範囲の拡大に関する問題についての通知

人力資源と社会保障部 国家発展改革委員会 財政部 税務総局 企業社会保険費の段階性納付猶予政策実施範囲の拡大に関する問題についての通知
(人社部発〔2022〕31号)(原文

主に下記の内容が規定された。

  1. 納税猶予政策を実施する困難な業種の範囲を拡大し、飲食、小売、観光、民間航空、道路水路鉄道運輸から、疫病により産業チェーン、サプライチェーンが影響を受け生産経営活動が困難な製造業企業(納税猶予政策をさらに実施する困難な業種のリスクをご参照ください。)に拡大する。納税猶予政策の範囲が拡大された業種に属する企業は、三項社会保険料の企業負担分の納税猶予を申請することができ、そのうち、養老保険料の猶予期間を2022年末まで、工傷、失業保険料の猶予期間を1年以内とする。
  2. 疫病の影響が深刻で生産経営活動に一時的に困難となった全ての中小零細企業、会社経由で社会保険に加入する個人経営者は、三項社会保険料の企業負担分の納税猶予を申請することができる。猶予期間は2022年末までとする。
  3. 職場安定化に対する支援を更に強化し、大型企業における職場安定化の比率を30%から50%に引き上げる。一回性職業訓練補助の受益範囲を、中高リスクの感染地域における中小零細企業から、当該地域の大型企業に拡大する。
  4. 納税猶予の実施弁法を規範化し、企業の申告手続きを簡素化する。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

インドネシア】一般税率とは異なるVAT税率

2021年10月29日付の国税規則調和法(ハーモニー法)により、付加価値税(VAT)の税率は11%と引き上げられました。そのうえで、実施規則・細則が財務大臣規則として発布されています。下記では3月31日付の財務大臣規則71号で規定されている特別なVAT税率となる場合(11%以外)について、主な点を解説します。

郵便

代金 x VAT税率(11%)x 10% = 1.1%

フレイトフォワーディング

代金 x VAT税率(11%)x 10% = 1.1%

観光ツアー・旅行代理店

販売価格 x VAT税率(11%)x 10% = 1.1%

巡礼ツアー

巡礼のみの場合

非課税。

巡礼場所とそれ以外の場所に旅行することを含めている場合

販売価格全額 x VAT税率(11%)x 5% = 0.55%

巡礼場所とそれ以外の場所に旅行することを分けた記載の場合

巡礼場所以外の旅行代金x VAT税率(11%)x 10% = 1.1%

バウチャーの販売

販売価格x VAT税率(11%)x 10% = 1.1%

なお、VAT税率は2025年1月1日から12%へと引き上げられる予定となっており、税率引き上げ以降、実質的なVAT税率も上記計算に基づいて引き上げられます。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

中国・一部の乗用車の車両購入税の減額に関する公告

財政部 税務総局 一部の乗用車の車両購入税の減額に関する公告(財政部 税務総局公告2022年第20号)(原文

購入日付が2022年6月1日から2022年12月31日までの期間に該当し、且つ一両あたり30万元の価格(増値税を含まない)を超過せず、排気量が2.0L及びその以下の乗用車に対し、車両購入税を半減して徴収することが規定された。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

中国・企業が予納申告する研究開発費用の加算控除優遇政策に関する公告

国家税務総局 企業が予納申告する研究開発費用の加算控除優遇政策に関する公告
(国家税務総局公告2022年第10号)(原文

企業は10月において、第3四半期(四半期ごとに予納する)又は9月度(月ごとに予納する)の企業所得税予納時に、当年度の第1四半期から第3四半期までの研究開発費用について、加算控除の優遇政策を享受することを自主的に選択することができる。企業は10月に予納する際に、当年度の科学技術型中小企業の条件に合致することを自ら判断する場合、規定に基づき科学技術型中小企業のための研究開発費用加算控除優遇政策を享受し、年度確定申告時に、また入庫登記番号の取得状況により、科学技術型中小企業研究開発費用の加算控除優遇政策を享受できるかを確認する。

当該弁法は2022年1月1日より施行する。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

インドネシア・VATの課税対象と非課税対象

2021年10月29日付の国税規則調和法(ハーモニー法)により、付加価値税(VAT)の税率は11%と引き上げられました。そのうえで、実施規則・細則が財務大臣規則として発布されています。下記では3月31日付の財務大臣規則70号で規定されているVAT非課税となる場合について主な点を解説します。

前提としては、地方税(PB1など)の対象となっているものについては、VATの対象となりません。主な例としては、飲食関係(レストラン等)、ホテル、娯楽、駐車場などがあげられます。しかし、これらに含まれる・付随したとしてもVAT課税対象となる場合があります。

飲食関係

レストランは、店内飲食・デリバリー・ケータリングに関わらずVAT非課税

一方で飲食関係であっても空港ラウンジの利用料や、スーパーマーケット内の飲食のみではない販売提供などには、VATが付加されます。

娯楽関係

映画鑑賞・音楽・ショー・スポーツ・レース・イベントに関するものはVAT非課税

一方で、ゴルフのプレー場所代金や、用具、ネット回線を使った映画視聴の為の代金などにはVAT課税対象となります。

ホテル関係

ホテルの宿泊・ゲストハウス・コテージ・リゾートに関わるもの、追加のレンタル等サービス(ルームサービス・ランドリー・ケーブルテレビ・電話など)にかかるものはVAT非課税

一方でホテル内であってもテナントとしている入っている賃料や、アパートメントやコンドミニアムとして利用する場合にはVAT課税対象となります。

駐車場等

一般的な駐車場代金パーキングサービスについては、VAT非課税

一方で駐車場オーナーから管理を任されている場合のオーナーと管理会社の取引についてはVAT課税対象となります。


コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

インドネシア・製造業の産業省への定期報告について(2022年)

製造業者は半年ごとに、産業省への定期報告を行う必要があります。

1月から6月のデータに基づく報告 同年7月内に報告
7月から12月のデータに基づく報告 翌年1月内に報告

上記はWEB サイトから報告を行います。産業省はSIINas(System Informasi Industri Nasional)というシステムをWEB上に開設しています。

初回登録で会社登記情報を入力のうえ、自社のアカウントを作成します。その後、対象セメスターでのサプライヤー情報や、クライアント情報、セールス情報、在庫・原材料情報、使用する機械情報、商品のHS Code、使用電気量、従業員給与情報などをインプットしてWEB上から報告を提出することとなります。

上記は製造業者に限るセメスター(半年)ごとの報告となります。クオーター(四半期)ごとにBKPMへ報告するLKPM(投資活動報告書)と共に定期報告が必要となりますので、御注意ください。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)