[まとめ] 華南三都市における2016年度社会保険・住宅積立金新基数

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)

華南三都市(深セン・広州・東莞)においても2016年7月1日以降社会保険及び住宅積立金納付基数の上下限がそれぞれ調整された。当地の各企業は新基数に依り各社会保険及び住宅積立金を計算し、納付する必要がある。

1.深セン市

続きを見る

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

[華南ビジネス] 中国の越境EC制度解説 (1)中国輸入時の税と外貨管理制度

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)

中国の越境EC(中国では「跨境電商」(クロスボーダー電子商務)と呼ばれる)は数年来、試験区の設置と企業の誘致、通関ネットワークの構築等を通じ、急速な発展が見られ、既に中国の市民の新たな消費モデルの柱を担っています。

中国政府各部門は消費促進のために越境EC制度の整備を図ると共に、一般輸入貨物との整合性の観点から、越境ECの小売業務(B to C)について輸入時の税制を新たに規定すると同時に、越境ECの商品リスト管理化の方針が打ち出されており、一時的には輸入ハードルが高くなった印象があるものの、越境ECの促進政策の方針は変わらず、EC全体の消費の伸びは今後も期待されています。

1.中国輸入時の税について

続きを見る

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

[華南ビジネス] 広州市の工商登記における住所制限の緩和について

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)

企業の登記制度の改革において、広州市は2014年に《広州市商事登記暫定弁法》を発布し、住所登記と経営場所について備案(届出)制度を実施する中で、次のような政策を講じて商事制度改革を進めてきました。

  • 政府認可の専門の園区内に登記する、資本関連のある企業同士の登記に対し同一住所の登記を認める‟一住所複数証書”(中国語で「一址多照」)を認める。
  • 同一行政区内で別途経営場所を設置する場合、分枝機構の営業許可証発行を申請する必要はなく、工商部門にて経営場所情報を備案するのみの‟一証書複数住所”(「一照多址」)を認める。
  • 建物賃貸備案証明を以て営業許可証発行の前提とする規定を取消す。
続きを見る

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

ベトナム・海外からの出張費用に関するオフィシャルレター

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)

税務総局は8月10日付けで海外からの出張費用に関するオフィシャルレターNo. 3572/TCT-CSを発行した。

当オフィシャルレターによると、外国の会社とベトナムの会社がベトナムでのプロジェクト等の技術支援又は業務管理等の契約を締結し、当契約を基に海外からベトナムに来る出張者の出張費用(航空券購入費用、宿泊費用等)をベトナムの会社が支払った場合、ベトナムの会社はその費用に対するFCT(外国契約者税)を計算し申告納付しなければならない。
また、当出張者は法令に従いベトナムで個人所得税を申告納付しなければならない。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

[Q&A] ベトナム・個人所得税に関する留意点(現地法人設立前に赴任する場合)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)

Q.現地法人(駐在員事務所)設立予定で法的代表者を設立前からベトナムに居住させる場合、税務申告・納税はいつから行えばいいのでしょうか。
続きを見る

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

[Q&A] ベトナム・個人所得税申告・納税の判断について

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)

Q.課税を避けるために183日以上ベトナム国内に滞在していないようにしているが、もし183日以上滞在した場合、ベトナムで個人所得税を支払わなければならないのでしょうか。
続きを見る

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

ベトナム・法人所得税における航空券代の取り扱い関するオフィシャルレター

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)

2016年5月31日、ホーチミン市税務局より、法人所得税における航空券第の取り扱いに関するオフィシャルレター(Official Letter)4973/CT-TTHTが発行された。

2千万ドン以上の航空券代を、従業員個人のクレジットカードで支払った場合、以下の条件を満たしていれば、法人所得税計算において当該費用を損金算入できる。

  • 社内規定において、出張にかかる旅費や航空券代を、従業員個人のカードで支払い、後に会社から精算される旨規定されている。
  • 出張者本人のカードで支払いがなされている。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

ベトナム・個人所得税における引っ越し手当の取り扱いに関するオフィシャルレター

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 4 投票)

2016年6月23日、税務総局より、個人所得税における引っ越し手当の取り扱い関するオフィシャルレター(Official Letter)2801/TCT-TNCNが発行された。

転勤に伴い、従業員が会社から引っ越し手当(荷物運搬費用、従業員の家族の交通費等)の支給を受ける場合、以下の条件を満たしていれば、個人所得税計算において当該手当は課税所得不算入となる。

  • 一括払いで支給されていること。
  • 転勤前後いずれかの会社において、任命書、労働契約書、労働協約に当該手当が明記されていること。
  • エビデンス書類が揃っていること。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

[香港会計税務] 香港における税制適格コーポレート・トレジャリー・センター優遇制度

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)

2016年4月1日以降開始する決算期から適用できる「適格コーポレートトレジャリーセンター優遇税制度」。非金融機関の、海外関連会社からの借入金に対する支払利息の損金算入が認められることになったこの制度について、適用要件などを解説します。

香港では多くの多国籍企業が、全世界の関連会社に対する地域統括機能ならびにファイナンス機能を持つ法人を設置しています。けれども「金融機関ではない海外の関連会社からの借入金に対する支払利息は、原則として税務上損金不算入となる」という点が、そのような企業を誘致する上で大きな障壁となっていました。これを受けて、香港財政司司長の曾俊華(John TsangChun-wah)氏は、2014/2015年度政府財政予算案の中で「全世界の関連会社への地域統括機能ならびにファイナンス機能を持つ法人の誘致をさらに促進するため、税務条例上の支払利息の損金算入基準を見直し、当該基準を明確化する」と表明していました。
続きを見る

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

[中国会計] 中国の国家統一会計制度(57)

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 6 投票)

 現在中国で適用が可能な会計基準は3つありますが、小企業会計準則を適用する企業の規模が大きくなった場合には新準則を適用しなければなりません。また、「会計制度+旧準則」を適用している企業は、近い将来には新準則への変更が必要とされます。

1.小企業会計準則から新準則への変更


 小企業会計準則を適用している企業が以下に該当することになった場合、小企業会計準則を適用し続けることはできなくなり、その翌年の1月1日から新準則に基づいて会計処理を行わなければなりません。

・会社の規模が大きくなり、売上や従業員数、総資産額といった小型企業の基準に合致しなくなった。
・上場または社債を発行することになった。
・企業集団の傘下に入ることになった。
また、小型企業であっても「企業会計準則」を適用することは可能です。例えば、日本の親会社との連結決算による求めから、自ら新準則を選択適用することなどもよく見られるケースです。
続きを見る

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)