中国・外国籍従業員の個人手当・補助等に係る個人所得税優遇政策の継続執行に関する公告

財政部 税務総局 外国籍従業員の個人手当・補助等に係る個人所得税優遇政策の継続執行に関する公告
(財政部 税務総局公告2021年第43号)(原文

外国籍従業員個人の手当・補助に係る優遇政策、中央企業責任者の任期インセンティブ単独税金計算優遇政策の執行期限を2023年12月31日に延長することが規定された。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

インドネシア・社会活動規制と入国規制について(2022年1月)

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、政府はPPKM (緊急活動規制)を発令しています。ジャカルタ首都特別州においては2022年1月17日までLevel2へ引き上げています(従前年末年始はLevel1)。一般企業の出勤率は50%%までとなります。1月に入り世界各国でのオミクロン株の蔓延し、インドネシア国内でも300件以上が検出されています(そのうち大半は渡航履歴のある者)。データ上は他国と比べてオミクロン株蔓延の抑え込みに成功しているものの、新規感染者数は増加傾向にあり、社会規制は延長される可能性が強くなっております。

インドネシア政府は新型コロナウィルスオミクロン株の世界的感染拡大に伴い、南アフリカ、ボツワナ、ノルウェー、フランス、アンゴラ、ザンビア、ジンバブエ、マラウィ、モザンビーク、ナミビア、エスワティニ、レソト、イギリス、デンマークに過去14日以内に訪問歴のある外国人の入国を禁止しています。上記以外の外国人はインドネシアへの入国が可能ですが入国空港でのPCR検査が実施されるほか、7日間の隔離と6日目のPCR検査を経て移動が可能となります。

また、一部報道においては隔離の替え玉や、担当官への贈収賄などを行い隔離を回避していることなどが報道され、渡航者によるオミクロン株の持ち込みが報道されており、外国人に厳しい目が向けられる可能性があることから、渡航や渡航後については十分注意いただく必要があります。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

中国・年間一回性賞与に係る個人所得税優遇政策の継続執行に関する公告

財政部 税務総局 年間一回性賞与に係る個人所得税優遇政策の継続執行に関する公告(財政部 税務総局公告2021年第42号)(原文)

当該規定の主な内容は以下の通りである。

  • 年間一回性賞与の単独税額計算優遇政策の執行期限を2023年12月31日に延長する。
  • 上場企業のストックオプションの単独税額計算優遇政策の執行期限を2022年12月31日に延長する。
  • 年間総合所得が12万元を超えず且つ確定申告追加納付の必要がある、若しくは年間確定申告追加納付の金額が400元を超えない居住者個人の個人所得税総合所得確定申告免除政策の執行期限を2023年12月31日に延長する。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

インドネシア・首都移転についての動向

2019年以降、インドネシアでは首都移転についての議論が行われています。2019年8月政府はカリマンタン州バリックパパン近郊への首都移転を計画しました。首都移転については70年前に検討された歴史的経緯はありますが、具体的に移転地を策定する事などは行われておらず、首都移転は2019年以8月に初めて政府から正式に発表されました。

首都移転の理由は、ジャワ島(特にジャカルタとその近郊)とその他の地域での格差の拡大が広がっており格差是正を促すため(ジャカルタと近郊のみに投資や企業が集中しており、その解消)、ジャカルタの渋滞解消(渋滞を鯨飲とする経済損失は年間10兆ルピアとも言え割れています。)、ジャカルタの地盤沈下と海面上昇(データによると2050年までにジャカルタの95%以上が水没するというデータもあります。)が主な理由となっています。

首都移転により経済的中心をジャカルタに残して、首都機能(政治の中心)を新天地に移すという計画となっています。新天地のカリマンタン州地域は自然災害が少ない事、豊かな自然が残る土地であることから、ジャカルタ地域居住住民以外の国民は概ね賛成という世論になっていました。当初の計画では2045年の独立100周年に首都完全移転の計画が発表されていました。2019年からは予算も計上し首都移転に向けて動き始めていました。

しかしながら2019年末・2020年初頭からの新型コロナウィルス感染拡大により首都移転計画は一時凍結されました。2021年下半期に入り新型コロナウィルス感染拡大も若干の落ち着きを見せ始めたことから、政府は首都移転計画の再開を計画しています。

政府は既に2021年9月に首都移転法案を提出しており2022年2月の国会で審議される予定となっています。法案可決後には、12兆ルピア以上の予算が計上という報道も出ています。また、法令上の首都のみを2024年に先に移転させたうえで、順次段階的に官公庁等を移転させていく計画が報道されています。計画においては2024年までに大統領府・内務・外務・国防3省を移転せたうえで、29年までに第2段階、第3段階と移転をする計画となっています。

インドネシアにおいては、大統領の交代により政策などが大きく変更される可能性もあり、首都移転の現実味については、現時点では未知数です。現在のジョコ大統領の任期が2024年までとなっており、現在が2期目のため3選が憲法上禁止されていることから、任期内に道筋をつけることが出来るかということが焦点となっています。また、報道では首都移転を計画することで憲法改正による大統領3選を狙っているのではないかという報道もあり(大統領は否定)、首都移転が本当に実現するかという点については、引き続き疑問符がついています。首都移転が現実となった場合には、各国の在外公館も移転される可能性が強く今後の動向を引き続き見守る必要があります。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

中国・輸出品保険の増値税政策に関する公告

財政部 国家税務総局 輸出品保険の増値税政策に関する公告
(財政部 国家税務総局公告2021年第37号)(原文

2022年1月1日施行。2022年1月1日から2025年12月31日の間、中国国内機関及び個人の輸出品を保険対象とする製造物責任保険、製品品質保証保険の増値税を免除する。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

インドネシア・石炭の禁輸について

2022年1月よりインドネシアからの石炭の輸出は停止されています。政府発表によるとインドネシア国内の火力発電利用の石炭が不足しており停電に陥る可能性があるという理由の一時的措置となります。輸出再開の時期の発表は現時点ではされていませんが、少なくとも2022年1月末までは禁輸措置がとられるとの報道がされています。

これらの措置を経て駐インドネシア大使と日本政府はインドネシア政府に対して石炭禁輸を撤回するよう強く求めています。また、事前のアナウンスなく禁輸措置となったことから出向準備を終えている日本向けの石炭運搬船5隻が出向出来ない状態が続いています。

政府は関係省庁と共に石炭会社関係者との協議を行っています。日本の外務省とも協議を行っており現時点で明確な決定は無いものの、報道においては段階的に輸出を認める方向性が示されています。またインドネシアにおいては石炭・鉱物を扱う会社に対しては一定割合(25%)の国内流通義務を課しているものの、未遵守の会社に対しては営業許可の抹消などの検討をおこなっています。また、これまで年単位で国内流通義務の割合を達成すれば足りていたものを、月次で達成させる規則改正が検討されています。未遵守の場合には、これまでは翌年の生産枠の減少と罰則が課されていましたが、今後は事業許可の抹消が罰則に追加されます。直近1月6日には石炭・鉱石分野の会社事業許可(IUP)について未操業である会社などの理由から2078社の操業許可を抹消しました。

報道においては日本だけでなく韓国やフィリピンなども輸出禁止の緩和・解除・撤回についての申し入れを行っています。今回、国内の石炭供給不足に至った経緯としては、輸出価格(180-200USD程度)と国内価格(70USD程度)の乖離から、企業が輸出を優先した結果という意見もあり、今後、法令改正を通じて国内流通の確保について議論と共に法令の改訂が行われる予定です。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

インドネシア・ジャカルタ首都特別州の最低賃金について

2022年の州の最低賃金は法律に基づきが決定されましたが、ジャカルタ首都特別州においては州知事決定において、最低賃金が改定されています。

オムニバス法等の法律においては、州の最低賃金は州ごとに当該年度の経済成長率とインフレ率を根拠に計算式によって自動算出されます。しかしながら、2021年12月16日付のジャカルタ首都特別州知事決定2021年1517号において、2022年の最低賃金を4,641,854IDRと定めました(5.11%Up)。上昇率の根拠としては、実質GDP成長率(3.51%)と全国のインフレ率(1.6%)を足した数値となっており、オムニバス法以前の改定前法令による算出となっています。

従前、0.85%の上昇率であった最低賃金から州知事決定で改訂したことについて、インドネシア経営者協会は行政訴訟の提訴、内務省に対して知事の処罰の要求、労働省に対して知事の処罰要求、各経営者へ判決が出るまで州知事決定の適用の回避を呼び掛けています。

州知事決定の後、BPJS(政府管掌の社会保険)システムの最低賃金が上記同額の4,641,854IDRに設定され、各加入登録企業へ通知されています(通知24774/IV-02/122号)。このため、企業としては州知事決定に従わざるを得ない状況となっております。

また、州政府は州政府労働移住エネルギー局合同で上記最低賃金の適用除外が申請可能である決定を行っています。対象となるのは2020年以降コロナウィルス感染拡大により大きなダメージを受けた企業が対象となっており、1月20日までに州政府への真正が必要となります。

また、ジャカルタ州知事決定に伴い、他の州が追随する可能性もあり、2022年1月以降の最低賃金については、アップデートが必要があります。

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

中国・広東省の出産・育児休暇の関連政策について

中国政府が今年「3人っ子政策」の実施を発布したことに伴い、各地政府より人口と計画生育条例が修正され発布されています。《広東省 人口と計画生育条例》も12月1日付で2016年以来の修正発布が行われ同日施行されました。

主な修正内容として、国の修正に伴う「3人っ子政策」の実施及び計画生育に符合しない出産に対し徴収されていた“抚养费”という事実上の罰金措置の取消と関連処罰規定の廃止のほか、子供が満3歳になるまでの育児休暇の取得、また、60歳以上の広東省戸籍の親を持つ一人っ子への介護休暇の付与が新たに規定されています。育児休暇日数の計算方法等細かい内容については細則の発布が待たれます。また広東省以外の地域との運用の違いもあり注意が必要です。以下に広東省条例の修正ポイントを列記します。

生育政策の調整

  • 夫婦が3人の子供を出産し育てることができる。(第18条第1項)
  • 再婚夫婦も3人の子供を出産し育てることができる。(第18条第2項)
  • 障害や死亡等の特殊な状況がある場合もう1人出産することができる。(第19条)
  • 1人っ子政策時代の家庭への便宜として、広東省戸籍の両親が満60歳に達した場合、その子供に毎年5日間の介護休暇を与え、入院治療する場合には年間累計15日を超えない介護休暇を与える。(第36条)

生育支援措置

  • 法律規定に沿って子女を出産し育てる夫婦について、女性は80日の奨励休暇、男性は15日の看護休暇を享受し、規定の期間内は通常通り給与を支給し、福利待遇と皆勤評価に影響しない。(第30条第1項)
  • 法律規定に沿って子女を出産し育てる場合、子女が満3歳になるまで父母は毎年10日間の育児休暇を享受する。休暇期間の労務原価分担は国と省の関連規定に基づき執行する。(第30条第2項)
  • 各レベル人民政府は財政・税収・保険・教育・住宅・就業等で支援措置を採り、生育・養育・教育負担を軽減する。(第32条)

広東省の生育政策に基づく休暇規定一覧

休暇 日数 法律依拠
産休 流産: 15・30・45・75日 女性従業員労働保護特別規定、広東省従業員生育保険条例広東省人口と計画生育条例(2016年修正)
98日+奨励80日
難産:30日
授乳時間 1時間日(1歳まで) 女性従業員労働保護特別規定
配偶者看護休暇 15日 広東省人口と計画生育条例(2016年修正)
育児休暇 3歳未満 10日/年 広東省人口と計画生育条例(2021年修正)
介護休暇 1人っ子両親60歳以上:5日/年、入院時:累計15日以下/年 広東省人口と計画生育条例(2021年修正)

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

香港の著作権制度更新に関するパブリックコンサルテーションを香港政府が開始

香港政府は本日(11月24日)、香港の著作権制度の更新に関する3ヶ月間のパブリックコンサルテーション(公開諮問)を開始した。2022年2月23日まで、一般の方々からの意見を心より歓迎する。

商務経済発展局(Commerce and Economic Development Bureau)局長のエドワード・ヤウ(Edward YAU/邱騰華)氏は、「著作権制度は、知的財産(IP)制度の重要な位置を占めます。これにより、オリジナル作品から創出される私有財産権を効果的に保護することができる一方で、一般の人々が、著作物を合理的に利用することができます。これは、知識(基盤)型経済の発展を支持する創造性、技術開発、知識の普及と進歩を促進していくために不可欠です。香港は、開発ニーズをサポートすべく、著作権制度の強化に常日頃から取り組んでいます。私たちは、著作権所有者とユーザーとの間で法的権利の適切なバランスを図り、香港全体の最善の利益に尽力することを目指しています。」と述べた。

エドワード・ヤウ氏はまた、「香港政府は2006年以来、デジタル環境における著作権保護の強化に関する3度の主要な諮問を実施し、2つの改正法案を2011年及び2014年にそれぞれ立法会に提出してきました。しかしながら、これに対応する立法手続きは、期限到来前に完遂されませんでした。特に、立法会法案委員会の支援にもかかわらず、2014年著作権(改正)条例草案(2014年条例草案)は、一部の立法会議員による議事妨害に直面し、審議中止に至りました。目下香港の著作権制度は、国際的な発展から10年以上遅れており、非常に残念なことです。」と述べている。

彼はさらに、「実際のところ、経済成長を促すべく、革新と創造性の活用を目指す多くの海外経済は、著作権制度を健全かつ最新の状態に維持するために、積極的な行動を取ってきました。2021年3月の全国人民代表大会で承認された「中華人民共和国国民経済及び社会開発第14次5ヶ年計画及び2035年までの長期目標綱要」は、香港による知的財産取引地域統括センターへの発展を初めて支持するものとなっており、著作権法の見直しを再開するのに適切な時期であると考えています。」と続けた。

2014年条例草案に含まれる立法案は、香港政府、立法会、著作権者、オンラインサービスプロバイダー(OSP)並びに著作権ユーザーが、長年の議論の末に達成した結果であり、様々な利害関係者のコンセンサスと権益のバランスを表している。この諮問書において、香港政府は、香港の著作権制度を更新するための基礎及び出発点として、2014年条例草案の使用を提案している。主な立法案は、幅広くコンセンサスに達した次の5つの分野を対象としている。

  1. 著作権者に、テクノロジー・ニュートラルな独占的伝達権を付与し、如何なる電子送信方法を通じて、一般の人々に伝達される際、彼らの作品が確実に保護されるようにする;
  2. 上述の独占的伝達権の導入に関連する侵害に対する刑事制裁を導入する;
  3. デジタル環境における著作権者の保護を強化するため、侵害を伴う民事訴訟で著作権者に追加の損害を与えるかどうかを評価する際に、裁判所が考慮すべき2つの追加の法的な要素を導入する。これら2つの法的な要素は、(i)侵害について知らされた後の侵害者による不当な行為、並びに(ii)侵害の結果として侵害されているコピーが広く流通する可能性;
  4. OSPがサービスプラットフォームにおける著作権侵害行為の通知を受けた際、OSPがオンライン著作権侵害に対処する著作権者と協力し、著作権侵害を制限もしくは停止するために適当な措置を講じるなど、当該行為を合理的に保護するためのインセンティブを提供することを目的として、OSPが特定の条件を満たす場合に限り、加入者によるサービスプラットフォームでの著作権侵害行為に対するOSPの責任を限定する「セーフハーバー」条項を導入する;並びに
  5. 著作権保護と著作物の合理的な使用との間の適度なバランスを維持するため、パロディ、風刺文学、戯画及び模倣作品の3つの分野に対し、現在の出来事に関するコメント及び著作物の引用等、著作物を使用するための新しい著作権の例外規定を提供し、図書館、アーカイブ及び美術館の運営、並びに録音物のメディア変換等、オンライン学習を容易にするために著作物を使用する様々な方法の例外規定を改訂及び拡張する。

さらに当該諮問書は、過去に様々な利害関係者の間で多くの議論を引き起こし、今日においても関連性が高い4つの問題、すなわち、例外規定に対する既存の徹底したアプローチを維持する必要があるか否か、契約が例外規定を無効とすることを引き続き許容するか否か、並びに違法なストリーミングデバイス及び司法的サイトブロックに対処するための特定の規定が必要か否か、を網羅している。当該文書はまた、著作権保護の継続的な向上を目的とする更なる調査のために、幾つか発生し得る新しい問題点を提示している。

当該諮問書は、商務経済発展局のウェブサイトまたは知識産権署のウェブサイトで閲覧またはダウンロード可能。

一般の方々は、2022年2月23日まで、諮問書に記載されている問題点について、以下の連絡先を通じて意見を提出することが可能。

Eメール: co_consultation@cedb.gov.hk
ファックス: 2147 3065
郵送: Division 3
Commerce, Industry and Tourism Branch Commerce and Economic Development
Bureau 23/F, West Wing Central Government Offices 2 Tim Mei Avenue Tamar,
Hong Kong
香港添馬添美道2號政府總部西翼23樓 商務及經濟發展局 工商及旅遊科第3部

原文:Public consultation on updating Hong Kong’s copyright regime launched(2021年11月24日更新)

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)

Lệ phí môn bài | Thời hạn nộp và kê khai lệ phí môn bài

QUY ĐỊNH

Nghị định 126/2020/NĐ-CP ngày 19/10/2020 quy định chi tiết một số điều của Luật quản lý thuế có hiệu lực từ ngày 05/12/2020.

NỘI DUNG

Người nộp lệ phí môn bài (trừ hộ kinh doanh, cá nhân kinh doanh) mới thành lập (bao gồm cả doanh nghiệp nhỏ và vừa chuyển từ hộ kinh doanh) hoặc có thành lập thêm đơn vị phụ thuộc, địa điểm kinh doanh hoặc bắt đầu hoạt động sản xuất, kinh doanh thực hiện nộp hồ sơ khai lệ phí môn bài chậm nhất là ngày 30 tháng 01 năm sau năm thành lập hoặc bắt đầu hoạt động sản xuất, kinh doanh.

Trường hợp trong năm có thay đổi về vốn thì người nộp lệ phí môn bài nộp hồ sơ khai lệ phí môn bài chậm nhất là ngày 30 tháng 01 năm sau năm phát sinh thông tin thay đổi (Khoản 1, Điều 10).

Thời hạn nộp lệ phí môn bài chậm nhất là ngày 30 tháng 01 hàng năm (Khoản 9, Điều 18).

Trước đây: Khai lệ phí môn bài một lần khi người nộp lệ phí mới ra hoạt động sản xuất, kinh doanh hoặc mới thành lập (Điều 1, NĐ 22/2020/NĐ-CP).

Như vậy, các doanh nghiệp cần lưu ký kê khai và nộp Lệ phí môn bài cho năm 2022 đúng và đủ.

コメント コメント(0) トラックバック トラックバック(0)