タグ

国家税務総局
《企業再編業務の企業所得税管理弁法》の発布に関する公告
国家税務総局公告2010年第4号(原文
2010年7月26日

ここに《企業再編業務の企業所得税管理弁法》を発布し、2010年1月1日より施行する。

本弁法発布時に企業がすでに再編業務を完了し、《財政部 国家税務総局 企業再編業務における企業所得税処理の若干の問題に関する通知》(財税[2009]59号)の特殊税務処理を適用する場合で、企業が本弁法の要求に従い関連資料を準備していない場合は、追加で関連資料を準備しなければならない。税務機関が確認を要する場合、本弁法の要求に従い追加で確認を行う。2008・2009年度の企業再編業務について税務処理を行っていない場合、本弁法に従って処理することができる。

特にここに公告する。

国家税務総局
二○一○年七月二十六日

(続きを読む…)

非居住企業の持分譲渡はどのように企業所得税を納付すべきか?(原文

Q. 我が社の投資者は国外での持分譲渡を行った。具体的な状況は、我が社は元々国外Aによる100%子会社であり、当月Aは債務再編を行い、Aは我が社の持分を全て別の国外B会社に一括して譲渡した。AとBはともに非居住企業である。問題としては、AがBに持分を譲渡した時、当会社の帳簿価額により譲渡を行う場合、A会社はどのように所得税を申告するか、申告の所得金額はいくらになるか?

(続きを読む…)

2009年4月30日に、「企業再編業務における企業所得税処理の若干の問題に関する通知」(財税[2009]59号)という規定が出され、2008年1月1日に遡って適用されることになりました。

内容としては非常に重要なのですが、これを読んだだけでは専門家以外理解しにくい規定です。企業所得税法の規定に戻って基本を確認しながら、概要をまとめてみたいと思います。

(続きを読む…)

財政部 国家税務総局
企業再編業務における企業所得税処理の若干の問題に関する通知
財税[2009]59号(原文

各省、自治区、直轄市、計画単列市財政庁(局)、国家税務局、地方税務局、新疆生産建設兵団財務局:

≪中華人民共和国企業所得税法≫第20条、及び≪中華人民共和国企業所得税法実施条例(国務院令第512 号)≫第75条の規定に基づき、ここに企業再編に関連する企業所得税の具体的処理の問題について以下の通り通知する。

(続きを読む…)