タグ

中国での現地法人運営では、数々のトラブルが襲ってきます。予期せぬトラブルに対して臨機応変に対応する柔軟性は重要ですが、「備えあれば憂いなし!」事前に予想が出来ていれば、対応もスムーズにいくものです。今後3ヵ月に渡って、実際の事例を含めて皆様が出会うトラブルの実態や対処方法等を提案させて頂きたく思います。

さて、1回目の今回ですが、従業員の急な職場からの離脱に関してご紹介させて頂きます。

(続きを読む…)

企業における従業員福利費の財務管理を強化することに関する通知
財企[2009]242号

党中央関連部門、国務院各部委、各直属機構、全国人大常委会弁公庁、全国政協弁公庁、解放軍総後勤部、武警総部、各省、自治区、直轄市、計画単列市財政庁(局)、新疆生産建設兵団財務局、各中央管理企業:

企業における従業員福利費の財務管理を強化し、正常な収入分配秩序を維持し、国家、株主、企業と従業員の合法的権益を保障するために、≪公司法≫、≪企業財務通則≫(財政部令第41号)等の関連精神に基づき、ここに下記の通り通知する。

(続きを読む…)

Q. 来年から中国企業の技術指導を依頼されています。

  • 指導期間 1年間、ただし実指導日数は180日程度とし1週間/月は日本で自分の仕事をします。
  • 給与は日本の自分の企業からとし、中国での技術指導料は会社へ送金してもらいます。
  • 役職は付けずに指導員の立場でゆきます。
つきましては以下の質問にご回答頂ければと存じます。

1. 期間は総じて1年ですが、就業日数を180日以下、滞在日数を183日未満に押さえれば183日ルールの適応を受けられると思いますがどうでしょうか。中国における納税は免除となるでしょうか。あるいは指導期間や指導料の中国側負担で恒久的施設あり判断されるでしょか。

2. 183日ルールが適応されない場合や183日を超える滞在の(1年以下)場合日本で得ている給与の中国勤務日数分の納税をすればいいのでしょか。
例えば 月当たり15日中国で指導するとして、100万円(給与)×(15日/30日)=50万円分の税金を払う。

3. 指導料は企業所得税(10%)と営業税(5%)を納税し会社へ送金されると云う解釈で良いでしょうか。

4. このような技術指導に際して中国ビザは「商用半年マルチ」ビザでいいでしょうか。

(続きを読む…)

Q. 中国において、土日等の会社の休日を跨ぐような長期の産休や結婚休暇等について、その土日については、規定で定められた休暇日数の一部として計算してもよいのでしょうか。それとも、土日とは別途規定日数分を休暇として付与するのでしょうか。

(続きを読む…)

全省企業の従業員基本養老保険企業納付比率管理を一層規範化することに関する通知
粤労社発[2009]18号(原文

各地級行政区以上の市労働社会保障局(社会保障局)、省社会保険基金管理局:

全省企業の従業員基本養老保険企業納付比率を均一にすることは、我が省の養老保険省級計画配分における重要事項の一項目である。企業従業員基本養老保険の企業納付比率調整は、多くの社会保険参加企業の利益と直接、且つ密接に関係を有し、養老保険基金の運用安全性と養老保険制度の持続的な発展にも影響を及ぼす。近来、一部の市では、国家や省の企業従業員基本養老保険の企業納付比率調整に関する規定に従わず、無断で納付比率を調整したために、小さくない悪影響が生じている。我が省の養老保険省級計画配分を一層推進させ、全省納付比率の基本的統一の実現、全省企業の従業員基本養老保険企業納付比率管理強化を以て「双転移」戦略の実施を進めるため、≪広東省企業従業員基本養老保険省級計画配分実施方案(粤府弁[2009]15号)≫の要求に基づき、≪広東省企業従業員基本養老保険の企業納付比率調整方法≫を制定した上で、省政府指導者の同意の下、以下に関連する問題の通知を行う。

(続きを読む…)

Q. はじめまして。私は最近香港に貿易会社を設立したものです。最近中国国内での工場周りが忙しく中国国内で活動(生産管理等)をしていただく中国人を雇いたいと思っております。そこでご質問なのですが、その際に関して 香港の会社に中国人の方を従業員として登録できるのでしょうか?その際の従業員の税金申告等はどのような形になるのでしょうか? 中国人を従業員として雇うこと自体問題があるのでしょうか?お手数ですがご回答頂けると助かります。

(続きを読む…)

深セン市労働・社会保障局
社会保険納付基数と待遇補償基数の調整に関する通達

2009-7-9 出所: 深セン市労働保障局
文号:深労社規〔2009〕15号(原文

各関連者:

深セン市社会保険の関連法規と政策規定に基づき、市労働・社会保障部門は、市統計部門が公布した本市前年度の在職従業員月平均賃金のデータに従い、毎年7月1日、社会保険納付基数と待遇補償基数を統一的に調整する。市統計局が公布した≪深セン市2008年国民経済と社会発展統計公報≫では、本市2008年度の在職従業員年平均賃金は43,454元(月平均賃金に換算すると、3,621元)である。従って、2009年7月1日より、我市における社会保険納付基数及び待遇の計算基礎である市の前年度の在職従業員月平均賃金は3,621元となる。主に下記のとおり調整する。

(続きを読む…)