タグ

国家税務総局による増値税発票の発行に関わる問題についての公告(国家税務総局[2017]16号)


概要


2017年7月1日施行。増値税普通発票の発行に関する規定。主な内容は以下の通り。
  • 購入者が企業であり、増値税普通発票を取得する場合、販売者へ納税人識別番号か統一社会信用番号を提供する。販売者は、普通発票に購入者の納税人識別番号か統一社会信用番号を記載しなければならない。規定に合致しない発票は税収帳票としてはならない。

国家税務総局による増値税電子発票システムを通じた電子普通発票の発行の促進に関する問題についての公告
(国家税務総局公告[2015]84号)

概要
 普通発票の電子化に関連して、主に以下の内容を規定する。

  • 普通発票のハードコピーが必要な場合は電子普通発票を印刷してよい。印刷した電子普通発票は通常の普通発票と同様の効力を有するものとする。
  • 北京市、上海市、浙江省、深圳市以外の地区ですでに電子発票を使用している納税者は、2016年1月1日以降は増値税電子発票システムによって電子普通発票を発行する。その他の電子発票システムの使用は認められない。

深せん市地方税務局 新版くじ付き発票の使用開始及び換金方式に関する通告
深地税告[2010]2号(原文

発票の偽造防止機能を高め、消費者の発票取得の行為を奨励し、国家税収収入及び消費者の権益を維持するため、「中華人民共和国発票管理弁法」及びその実施細則の関連規定に基づき、深せん市地方税務局は、深せん市における飲食、娯楽業界の使用するくじ付き発票をバージョンアップし、電話代チャージによる換金方式を追加することを決定した。詳細は次通り通告する。

(続きを読む…)

国家税務総局
≪全国普通発票の票種の簡素化と様式の統一に関する実施要領≫の配布に関する通知
国税発[2009]142号(原文

各省、自治区、直轄市と計画単列市国家税務局、地方税務局

普通発票の管理の強化と規格化を図り、徴税の情報化への要請に応えるため、「票種の簡素化、様式の統一、プラットフォームの構築、発行のオンライン化」の指導思想に基づき、税務総局が≪全国普通発票の票種の簡素化と様式の統一に関する実施要領≫を制定した。ここに配布するので実施されたい。

添付資料:

  • 普通発票サンプル1
  • 普通発票サンプル2

国家税務総局
2009年9月30日

(続きを読む…)

Q. 最近、小さな会社を設立しました。主な経営範囲はショッピングセンターでの製品の代理販売ですが、ショッピングセンターより合法な増値税発票を発行するよう求められています。弊社は設立したばかりで規模も大きくなく、増値税発票の発行資格を取得していません。こうした状況で増値税発票を発行できるでしょうか?

(続きを読む…)

《広東省地方税務局による新版地方税収発票の使用に係る通達》(粤地税発[2009]103号)の精神に基づき、広東省地方税収発票の管理を標準化し、発票の偽造防止を一層強化し、広く納税義務者と消費者の合法権益を保護し、国家の税収入を保障するため、広東省地方税務局は広東省地方税収発票(深セン市を除く)のバージョンを更新し、関連事項を以下に通達する。(原文

(続きを読む…)

賞金総額は一年で5,000万元、10元・20元・50元・100元・500元・800元・3,000元の当たりクジがあります。10元・20元・50元の当たりは直接店で受け取り、100元以上は税務局が委託した銀行で受け取ります。800元を超える当たりについては、個人所得税を控除して支払われます。

2008年5月20日より5年間有効の法律です。

タグ: 発票