タグ

ご存知のように中国の外貨管理は日本と比べ厳格で、外貨の受払に非常に複雑な手続が必要な場合があります。

特に複雑なのは「非貿易項目」、すなわち無形資産や役務サービス等の外貨管理です。目に見える物品の移動がないだけに、外貨管理局の審査が必要な項目、銀行に必要書類を提出する項目、金額により変化する項目等、種類ごとに細かく管理されています。

今回は非貿易項目の外貨管理全体における位置づけと、代表的な制限を整理しておきたいと思います。

(続きを読む…)

中国企業 「有備無患(備えあれば憂いなし)」
外貨取引が拒否されてしまった、なぜ‥

中国での企業運営において、日本と最も異なる点の一つに、独特の外貨管理制度があげられます。資本金投入から始まり、日々の取引での外貨収受や親会社からの借り入れ等の外貨取引は避けて通ることのできない問題の一つです。

但し、税務や税関といった事情と異なり、日本では外貨取引が自由なこともあって、ビジネススキームを決定する際に中国の特殊な外貨管理事情を考慮せず、取引の継続に支障をきたすといった事例も散見されます。

(続きを読む…)

個人の外貨売買業務の管理の一層の強化とに関する国家外貨管理局の通知
匯発〔2009〕56 号(原文
公布日:2009-11-25

国家外貨管理局の各省、自治区、直轄市支局、外貨管理部、深セン、大連、青島、アモイ、寧波市分局;各内資外貨指定銀行:
個人の外貨売買業務の管理をより一層強化し、個人の分割等の方式による限度額規制の回避を抑止し、個人の手持ち外貨の人民元への転換を規範化するために、ここに関連の問題について以下の通り通知する。

(続きを読む…)

国際貿易における人民元の試験的決済開始3ヶ月で深セン取引量を独占
深セン特区報、2009年10月14日(原文

7月7日より正式に開始されてから9月30日まで、三か月足らずで、深セン市は国際貿易における人民元の試験的決済業務を48件処理し、累計金額は5,812万元、全国決済金額の54%を占める。昨日開催された深セン国際貿易における人民元の試験的決済の試行推進会はこの最新データを公開した。市委員会常務委員・副市長の陳応春は、深セン関連部門と銀行は国際貿易における人民元の試験的決済業務をより重視しさらに強力に推進し、企業のために新しい国際貿易決済方式を運用し便利な環境を提供する必要があることを表明した。

(続きを読む…)

国家外貨管理局
56件の外貨管理規範性文書の廃止と失効に関する通知
匯発【2009】44号(原文

国家外貨管理局各省、自治区、直轄市分局、外貨管理部、深セン、大連、青島、アモイ、寧波市分局:
外貨管理法規体系を一層強化するため、一部の外貨管理規定の整理状況を以下に通知する。

(続きを読む…)

国家税務総局
国際貿易人民元決済における輸出商品税還付(免税)に関する通知
国税函[2009]470号(原文
2009年8月25日

上海市・広東省・深セン市国家税務局:
中国人民銀行・財政部・商務部・税関総署・国家税務総局・銀監会が発布した《国際貿易人民元決済試点管理弁法》(以下《弁法》とする)に従い、研究を経て、ここに国際貿易人民元決済における輸出商品税還付(免税)に関する事項を以下の通り通知する。

(続きを読む…)

2009年7月1日より、上海と広東省4都市において人民元建て貿易決済が開始されました。

制限が厳しく、人民元の為替レートの影響もあって、利用はまだ一部に留まっていますが、人民元国際化の第一歩となる重要な規定です。目的、条件、メリットに分けて、簡単にまとめてみたいと思います。

(続きを読む…)