掲載記事

ジャカルタにおける2021年の最低賃金は既に決定されております(参照:インドネシア・2021年の最低賃金)が、条件付きではあるものの、新規則により2020年最低賃金を維持することが出来る場合があります。

ジャカルタ首都特別州労働移住エネルギー局長2020年3100号規則

新型コロナウィルスによる影響を受けた会社は、下記要件を満たした場合に2020年の最低賃金(4,276,349IDR)を維持することが出来る。

  1. 法令記載のKBLI(事業目的番号)であること(製造・小売り・運輸など15業種)
  2. 勤続年数ごとの労働者数、2019年と2020年の財務諸表、NIB書面など添付の上金融サービス庁システムから申請を2020年12月18日までに行う。
  3. 承認がされた後、2021年においても、2020年の最低賃金の適用が可能となる。

国家税務総局 工業と情報化部 固定装置のついた非運輸専用作業車両に対する車両購入税の免除政策に係る管理事項に関する公告
(国家税務総局 工業と情報化部公告2020年第20号)(原文

2021年1月1日より施行。固定装置のついた非運輸専用作業車両に対する車両購入税の免除政策に該当する車種、免税手続きのプロセス及び提出資料について規定した。

「車両購入税を免除する、固定装置がついた非運輸専用作業車両の目録」(以下「目録」と略称する)に列記するために、関連する車種について、自動車生産企業、輸入自動車ディーラー又は個人は、納税者が車両購入税の申告前に、工業と情報化部の「車両購入税を免除する、固定装置がついた非運輸専用作業車両の管理システム」において「目録」に記入された申請資料を提出する必要がある。