掲載記事

以下は香港金融管理局を代表し公表されている。

本日(11月2日)香港金融管理局(Hong Kong Monetary Authority、以下「HKMA」)が香港投資推進署(InvestHK/香港投資推廣署)と、香港におけるフラッグシップフィンテックイベントである香港フィンテックウィーク2020を共同開催し、フィンテックエコシステムをさらに促進し、企業、特に中小企業(Small and Medium-sized enterprises、以下「SMEs」)をサポートするための様々なイニシアティブを発表した。

1. データを運用してSMEへの融資を促進

HKMA総裁のエディー・ユー(Eddie Yue/余偉文)氏は、開会の基調講演で、HKMAが新しいデータ戦略を模索し、銀行システムにおけるより効率的な金融仲介を可能とし、香港での金融包摂を向上させるために、商業データ交換(Commercial Data Interchange、以下「CDI」)と呼ばれる新しい金融インフラの構築を検討していることを発表した。

CDIは、銀行と商業データソース間でのより安全でかつ効率的なデータフローを可能にする、同意に基づく金融インフラである。SMEが独自のデータを使用して金融サービスへのアクセスを増進できるようにすることで、SMEの資金調達における長年の問題点を解決できる可能性を秘めている。

CDIの技術的フィージビリティを研究するために、HKMAは銀行群による協力の下、概念実証(Proof-of-Concept、以下「PoC」)研究を実施している。PoCは、貿易関連データを使用して、貿易融資申請プロセスの促進に重点を置いており、2020年末までに完遂する予定である。当該研究の次のフェーズは2021年に開始され、銀行によって実施されるオルタナティブ・クレジット・スコアリングを容易にする可能性が見込まれる、その他の商業データソースをカバーすることとなっている。

HKMAは、オルタナティブ・クレジット・スコアリングに関連する技術を開発するために、香港応用科技研究院(Hong Kong Applied Science and Technology Research Institute、以下「ASTRI」)に対し、SMEローン申請における人工知能(Artificial Intelligence、以下「AI」)の使用を研究するよう別途委託した。そして本日、「零細及び中小企業のオルタナティブ・クレジット・スコアリング」という表題の白書を発行して、研究結果を報告した。

(続きを読む…)

2020年10月5日インドネシア政府法務人権省法務総局は規則13号を発令し登記の際の納税者のステータス確認について各公証人に通知しています。

内容は、公証人に対して登記変更を行う場合には、2020年10月10日以降納税ステータスの確認を行うよう義務付けるもので2015年の汚職防止に関する大統領令7号に伴う措置となります。

インドネシアでは各省庁システムの連携が進んでおります。既にBKPM(投資調整庁)システムのOSSにおいては、税務システムとの連結が完了しており、企業の税務に未納状況や未申告の状況がレコードされている場合には、税務問題を解決しなければ、BKPM登録の変更が認められない運用が開始されています。

今回、定款・法務省登記を管轄する法務人権省のシステムでも税務システムとの連携が開始されました。本規則施行に伴い会社(PT)の税務に問題が生じている場合、一切の登記変更が出来なくなりました。

本規則は法務人権省から公証人に対する通知となっておりますが、企業の税務に未納や未申告がある場合、公証人による定款変更・法務省登記の変更が出来ない状況となり各企業に影響します。これまで以上に税務の適法性が重要となることから、各企業では引き続き、適時適法な納税申告が重要となります。