掲載記事

国家税務総局広東省税務局 広東省人力資源と社会保障庁
新型コロナウイルス感染流行の影響による企業従業員基本養老保険、失業保険、労災保険費の納付期限の延長と納付猶予に関する通知
(粤税発〔2020〕47号)(原文

新型コロナウイルス感染流行の影響により広東省に対する企業従業員基本養老保険、失業保険、労災保険(以下「三項社会保険料」と称する)の納付期限の延長と納付猶予の事項が規定された。

納付期限の延長

疫病流行の影響で期限通りに三項社会保険料の支払が不可能な企業に対し、感染収束後の3ヶ月以内に行い、納付することができる。
  • 所属期が2020年2月から感染収束後二か月目までの三項社会保険料について、納付期限は感染収束後の三か月目までに延長される。2020年1月23日に広東省が重大緊急公共衛生事件一級対応を実施後、所属期が2020年1月の三項社会保険料を即時に申告せず納付できなかった企業の納付期限は一括して感染収束後の三か月目までに延長される。
  • 企業は申請する必要がない。税務機関が規定に基づき納付期限の延長を調整する。
  • 従来の方法で各社会保険業務を行い、即時に労働者の人数増加・減少を処理し、月ごとに三項社会保険料を申告する。納付期限延長は滞納金を徴収しない。社会保険を加入者は法律に基づき各社会保険待遇を享受することができる。
  • 納付期限の延長期間中、企業が自身の状況に基づき三項社会保険料を納付することができる。ただし、感染収束後の三か月目までにすべて納付しなければならない。期限を過ぎて未納付の場合、滞納金が徴収されると同時に、関連部門に報告され、規定に基づき信用管理体系に組み込まれ、連合懲戒を実施される。
(続きを読む…)