掲載記事

ジャカルタのPSBB(大規模社会規制)が6月4日に緩和され、移行期間フェーズ1となりました。既に一部地域においては、解除が始まっておりますが、移行期間においても罰則の適用があり、注意が必要です。

事業所・企業に関わる緩和では、営業再開が認められました。営業するうえでは、ニューノーマルプロトコルを順守したうえでの営業が求められています。企業が営業を行う上での規制概要は下記の通りです。

  • オフィス出勤は、従業員の50%までを出社、残りを自宅勤務とする。
  • 通勤時の混雑を鑑み、出勤するものも時間などの措置をとる。
  • 会社はウィルス蔓延を防ぐための措置をとる(マスクや消毒液の配布、オフィスのクリーニングなど)。
  • 出社の際、ソーシャル・ディスタンスとして従業員同士の感覚を1メートル以上開ける。

なお、PSBB移行期間フェーズ1の期間中に感染者数の拡大等があれば、移行期間は中段の上、大規模社会規制の再実施となる可能性があります。今後、感染者数が減少を続ける場合、下記のスケジュールで規制は緩和されていく予定です。

  • 6月8日オフィスや飲食店(路面店)、小売店、サービス、倉庫などの営業開始(上記規制等を遵守の上営業)
  • 6月15日ショッピングモールや市場の営業開始(50%の範囲)
  • 6月20日各種スポーツ施設・動物園等の開園
  • 6月28日-30日:上記期間の感染状況を評価して、7月1日よりフェーズ2へ移行するかの判断を行う。

また、ジャカルタ近郊(タンゲラン地区、ベカシ地区)におきましても、ジャカルタと歩調を合わせて、上記と同様な措置を取っております。企業は上記に対応するために、従業員の健康面の管理だけでなく、労務として交代勤務や時間短縮などの措置をとる必要があります。