1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 1 投票)
 

2020年3月9日、ハノイ市税務局はオフィシャルレター10267/CT-TTHTを発行した。内容は下記の通りである。

関連者間取引がある企業の場合、課税所得を確定する際に、損金算入できる借入金利息は利払い前・税引き前・減価償却前利益(EBITDA)の20%を超えない。そのうち、借入金利息は関連者又は非関連者から生じたかに関わらず、原則、当期に生じた全ての借入金利息を合計して計算される。

企業の利払い前・税引き前・減価償却前利益が0未満となった場合、課税年度に生じた借入金利息は、全額損金として認められない。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2020/06/%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%83%bb%e9%96%a2%e9%80%a3%e8%80%85%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e5%80%9f%e5%85%a5%e9%87%91%e3%81%8b%e3%82%99%e3%81%82%e3%82%8a%e3%80%81ebitda%e3%81%8b%e3%82%990/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・関連者からの借入金があり、EBITDAが0未満となる場合、借入金利息は全額損金不算入 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET