掲載記事

国家税務総局 「障害者就業保障金納付申告表」の修正に関する公告
(国家税務総局公告2019年第49号)(原文

2020年1月1日より、納付人は規定に基づいて障害者就業保障金を申告する場合、当該規定を適用する。「障害者就業保障金納付申告表」の下記事項が修正された。
  1. 「在籍従業員平均給与」が「前年度在籍従業員平均給与(または現地社会平均給与の2倍)」に修正された。「前年度在籍従業員平均給与」と「現地社会平均給与の2倍」のいずれか低い方を記入する。
  2. 申告表の第8列の「当期減免費用金額」に、三つの減免費用金額の計算式が増加された。
  3. 元の申告表の第2列の「費用金額所属期から」と第3列の「費用金額所属期まで」が表の上部に位置するようレイアウトが変更された。同時に、申告表の「納付人声明」、「担当者」などの事項が規範化された。