1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

国務院 個人所得税特別追加控除暫定弁法の印刷発布についての通知
国発〔2018〕41号)


概要

2019年1月1日施行。「個人所得税法」に規定される、子女教育費・継続教育費・重病治療費・住宅ローン利息・住宅家賃及び高齢者扶養費等の6種類の特別追加控除について詳細が規定された。主な内容は下表の通り。

控除額 留意点
子女教育費 子女1人あたり  12,000元(毎月1,000元) 父母がそれぞれ50%控除orど ちらか一方が100%控除1
継続教育費 4,800元(毎月400元) 上限4年 親⇒子女教育費or子⇒継続教育費 同時適用は不可
高額医療費 一納税年度内に15,000元を超える負担 上限 80,000元 本人が年度確定申告にて控除
住宅ローン利息 一軒目の住宅ローン  12,000元(毎月1,000元) 上限20年 二軒目以降は控除不可 原則として夫婦どちらかのみが 控除する1住宅賃料との同時適用は不可
住宅賃料 1) 賃借住宅が直轄市等の場合     18,000元(毎月1,500元) 2) 戸籍人口100万人超の場合  13,200元(毎月1,100元) 3) 戸籍人口100万人以下の場合 9,600 元(毎月 800元) 夫婦が同一都市に居住の場合 ⇒夫婦どちらかのみ控除 夫婦が同一都市に居住せず、双方が住居を所有しない場合 ⇒夫婦両方とも控除可能3住宅ローン利息との同時適用は不可
高齢者扶養支出 60歳以上の被扶養者2に対する扶養費   24,000元(毎月2,000元) 一人っ子でない場合は、兄弟に て分担1分担の場合、一人当たりの控除額は12,000元(毎月1,000元)が上限 2人以上の高齢者を扶養しても、控除額は増加しない
※1 一納税年度内は変更不可
※2 被扶養者とは満60歳以上の父母を指し、子女が既に死亡した満60歳以上の祖父母・外祖父 母を含む
※3 納税者の配偶者が納税者の主要勤務地にて住宅を所有する場合は、納税者は主要勤務地にて住宅を所有することと見なす

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2019/01/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e5%80%8b%e4%ba%ba%e6%89%80%e5%be%97%e7%a8%8e%e7%89%b9%e5%88%a5%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e6%8e%a7%e9%99%a4%e6%9a%ab%e5%ae%9a%e5%bc%81%e6%b3%95%e3%81%ae%e5%8d%b0%e5%88%b7%e7%99%ba%e5%b8%83/trackback/
この投稿へのリンク
中国個人所得税特別追加控除暫定弁法の印刷発布についての通知 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET