1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 2 投票)
 

税関事前裁定管理暫定弁法
(税関総署令236号)



概要

貨物が実際に輸出入される前に、税関に対して貨物の商品分類、原産地又は原産資格、輸出入貨物の課税価格に関連する要素、評価方法等に関して、以下の通り事前に裁定を申請することができる。2018年2月1日施行。

  • 事前裁定の申請者は、実際の輸出入活動と関連があり、税関での登録登記を行っている対外貿易経営者である。
  • 輸出入を予定する3ヶ月前までに、登録地直属の税関に事前裁定申請書を提出しなければならない。但し、申請者において特殊な状況があり正当な理由がある場合には、輸出入を予定する3ヶ月以内であっても、申請書を提出することができる。
  • 税関は申請書を受け取った日から10日以内に、受理するかどうかについて審査及び決定を行い、《税関事前裁定申請受理決定書》又は《税関事前裁定申請不受理決定書》を交付する。
  • 税関は申請が規定に適合する場合には、受理した日から60日以内に《税関事前裁定決定書》を交付しなければならない。

関連法規

  • 税関行政裁定管理暫定弁法(税関総署令92号)



コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2018/01/%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81-%e7%a8%8e%e9%96%a2%e4%ba%8b%e5%89%8d%e8%a3%81%e5%ae%9a%e7%ae%a1%e7%90%86%e6%9a%ab%e5%ae%9a%e5%bc%81%e6%b3%95/trackback/
この投稿へのリンク
[まとめ] 税関事前裁定管理暫定弁法 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET