1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)
 

2017年8月9日付けハノイ税務当局発表のオフィシャルレター(OL) 49527/CT-TTHT


このオフィシャルレターによると、 従業員が退職した場合、雇用主が、最後の報酬を翌月に支給する場合は、
  1. 労働契約上の給与
    給与は、個人所得税の税率(累進課税)のもとに個人所得税を引いて従業員に送金する。
  2. 退職金や失業給付など社会保険法のもとで支給されるもの
    退職金や失業給付は、個人所得税上、非課税の対象になる。
  3. その他の報酬など
    その他の報酬などを雇用主が支給する場合は、通達111/2013 / TT-BTC にしたがって源泉する。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2017/09/%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%83%8f%e3%83%8e%e3%82%a4%e7%a8%8e%e5%8b%99%e5%bd%93%e5%b1%80%e7%99%ba%e8%a1%a8%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%ac/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・ハノイ税務当局発表のオフィシャルレター from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET