1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (3.67 評価, 3 投票)
 

 税務総局は、2016年10月13日にオフィシャルレターOL4738/TCT-CSを発表しました。その中で下の条件を満たす場合は、法人税上の損金の対象になる。

  1. 製品保証サービスが実際に顧客に提供された。
  2. 製品保証の実施内容が売買契約書で詳細に決められている。
  3. 企業が製品保証引当金を会計基準にそって計上している。
  4. 製品保証をした証拠書類が保管されている。(代替製品の詳細、送付日、故障内容などのレポートなど)

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2016/11/%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%83%bb%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ae%e8%a3%bd%e5%93%81%e4%bf%9d%e8%a8%bc%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%81%ae%e6%b3%95%e4%ba%ba%e7%a8%8e%e4%b8%8a%e3%81%ae%e5%8f%96%e3%82%8a/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・企業の製品保証費用の法人税上の取り扱い from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET