1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 6 投票)
 

2016年5月27日、インボイスの発行や管理の手続違反に課される罰金の改定に関する政令(Decree)49/2016/ND-CPが発行された。主な内容は以下のとおり。

1.税務当局より、インボイス印刷を認めない旨の書面通知がなされている企業に対して、インボイスの印刷を発注した場合、200万ドンから400万ドンの罰金が課される。

2.以下のいずれかに該当する場合、50万ドンから150万ドンの罰金が課される。

  • 契約書無しでインボイスの印刷を発注した場合。
  • 本社移転時、移転前後の各所管税務局への届け出手続を、新住所における初回インボイス発行日から10日以降に行った場合。
  • 税務局への使用届け出を行ったインボイスを、発行許可日(使用届け出から5日後)よりも前に使用した場合。
3.未発行の印刷済インボイス、または発行済で取引先引渡し前のインボイスを紛失、焼失、破損した場合、400万ドンから800万ドンの罰金が課される。ただし、自然災害や不可抗力に起因する場合を除く。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2016/07/%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%81%ae%e7%99%ba%e8%a1%8c%e3%82%84%e7%ae%a1%e7%90%86%e3%81%ae%e6%89%8b%e7%b6%9a%e9%81%95%e5%8f%8d%e3%81%ab/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・インボイスの発行や管理の手続違反に課される罰金の改定 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET