1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)
 

会計資料管理弁法
(財政部・国家档案局令79号)

概要
会計資料の保管に関する規定を変更する。主な変更点は下記の通り。施行日は2016年1月1日。
  • 電子資料の保管に関する規定の追加
  • 保管期間経過後の資料廃棄時の手続
  • 各資料の保管期限の変更(3、5、10、15、25年の5分類から10、30年の2分類に変更)

資料分類 資料名 保管期間
会計証憑・伝票 原始証憑 30年間
記帳伝票 30年間
会計帳簿 総勘定元帳 30年間
補助元帳 30年間
仕訳帳 30年間
固定資産管理票 固定資産廃棄後5年間
その他 30年間
会計報告 月次・四半期・半期会計報告 10年間
年度会計報告 永久
その他 銀行勘定調整表 10年間
預金残高確認書 10年間
税務申告書 10年間
会計資料移管記録 30年間
会計資料保管記録 永久
会計資料廃棄記録 永久
会計資料鑑定意見書 永久

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2016/02/%ef%bc%bb%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%bd%e4%bc%9a%e8%a8%88%e8%b3%87%e6%96%99%e7%ae%a1%e7%90%86%e5%bc%81%e6%b3%95/trackback/
この投稿へのリンク
[まとめ] 会計資料管理弁法 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET