1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)
 

政府は2015年1月12日、2012年から施行されている労働法の一部をガイダンスするためDecree05/2015/ND-CPを公布した。

主なポイントは以下である。

  • 給与支払いが給与支払指定日から15日以上遅延した場合、雇用者は非雇用者に対して遅延利息を支払う。遅延利率は、給与支給日に該当する中央銀行が発表する1ヶ月物の預金金利の最高利率が適用される。
  • 退職等により労働者の有給休暇が残り、雇用者が残った有給休暇を買取る場合、以下の計算により買取り額を算出する。
    1. 6ヶ月以上勤務の場合:退職前6ヶ月の平均給与
    2. 6ヶ月未満勤務の場合:勤務期間の平均給与
本法令は2015年3月1日に施行される。

原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2015/02/%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%83%bb%e5%8a%b4%e5%83%8d%e6%b3%95%e3%81%ab%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%82%8b%e6%96%b0decree/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・労働法にかかる新Decree from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET