1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 8 投票)
 

主要な経済取引にかかる会計科目に関する記帳処理などを具体的に紹介します。今回は棚卸資産について、原材料を例に取得時の記帳処理を紹介いたします。

1. 存貨(棚卸資産)の分類
棚卸資産とは、企業が日常の活動において、販売目的で保有する製品または商品、生産過程にある仕掛品、生産過程または役務の提供の過程で消費する材料、資材などをいい、 原材料、在産品(仕掛品)、半成品(半製品)、産成品(製品)、商品、周転材料(包装材料、消耗工具など)などがあります。

2. 存貨(棚卸資産)の取得価額の計算
企業が取得した棚卸資産は取得原価で計上され、取得原価には購入原価、加工原価およびその他の原価を含みます。

  • 外部購入の購入原価は、購入価格に関税、運送費、荷役費、保険料およびその他直接資産の購入に要した費用を含めたものをいう。
  • 加工原価とは、棚卸資産の加工の過程で発生する追加費用(直接人件費および一定の方法で配賦される製造費用を含む)をいう。
  • その他の原価とは、購入原価、加工原価を除く、棚卸資産が現在の場所および状態に至るまでに発生したその他の支出をいう。
3. 原材料の取得記帳処理
原材料とは、企業の生産過程においてその形や性質が変化し、かつ製品を構成する主要で実態のある原料、材料、補助材料、外部購入半製品、修理用備品、包装材料、燃料などで、「原材料」および「在途物資(未着品)」などの勘定科目を用います。
なお、取引で前渡金方式をとる場合、前渡しの時および残額の追加支払い時にいずれも「預付賬款(前渡金)」科目を使用します。

<例6>
当月より、甲製品の製造を開始した。なお、取引に伴う増値税は考慮しない。
① 材料AをX社から100個(発票記載額100万元)仕入れ、運送費2万元と共に支払った。A材料はまだ届いていない。
借:在途物資(未着品)-A材料 102万
  貸:銀行存款(銀行預金) 102万

② A材料が入荷された。
借:原材料-A材料 102万
  貸:在途物資-A材料 102万

③ 500万元の材料Bを仕入れるため、Y社に前渡金300万元を支払った。
借:預付賬款(前渡金)-Y社 300万
  貸:銀行存款(銀行預金) 300万

④ B材料が入荷された(発票記載額、B材料500万、立替運送費10万元)
借:原材料-B材料 510万
  貸:預付賬款(前渡金)-Y社 510万
⑤ Y社に残金を支払った。
借:預付賬款(前渡金)-Y社 210万
  貸:銀行存款(銀行預金) 210万

(注)「発票」とは、売主が買主に発行する取引明細を記載した証憑で、中国では会計制度で物品購入や役務提供を証する有効証憑として規定されています。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2014/10/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e4%bc%9a%e8%a8%88-%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%ae%e5%9b%bd%e5%ae%b6%e7%b5%b1%e4%b8%80%e4%bc%9a%e8%a8%88%e5%88%b6%e5%ba%a6%ef%bc%8815%ef%bc%89/trackback/
この投稿へのリンク
[中国会計] 中国の国家統一会計制度(15) from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET