2014年10月10日、人力資源社会保障部弁公庁および財政部弁公庁は、「登録資産評価師職業資格の取消に関わる事後業務の通知」(人社庁函〔2014〕380号)を公布した。

これは、「国務院による一部行政審査項目等に関わる取消及び調整に関する決定」(国発〔2014〕27号)に基づく、登録資産評価師等11項目の認可類職業資格の取消の移行業務として、登録資産評価師職業資格の取消に関わる事後業務に対し原則的な規定を策定したものである。主な内容は以下の通りである。
一、登録資産評価師職業資格を認可類から水準評価類へ調整する。
二、既に登録資産評価師資格を取得しているものは、その資格を専門技術職務に就く際の依拠とすることができる。
三、人力資源社会保障部並びに財政部は、登録資産評価師の関連制度を急ぎ作成しており、新制度が出来た後はそれに基づき関連業務を推進する。

原文:(原文人社厅函〔2014〕380号 关于做好取消注册资产评估师职业资格后续工作的通知

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2014/10/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%83%bb%e3%80%8c%e7%99%bb%e9%8c%b2%e8%b3%87%e7%94%a3%e8%a9%95%e4%be%a1%e5%b8%ab%e8%81%b7%e6%a5%ad%e8%b3%87%e6%a0%bc%e3%81%ae%e5%8f%96%e6%b6%88/trackback/
この投稿へのリンク
中国・「登録資産評価師職業資格の取消に関わる事後業務の通知」の公布 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET