1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 7 投票)
 

深セン市の前海深港現代サービス業合作区管理局は8月26日、香港で説明会を開催し、深センと香港の両証取の相互乗り入れも検討していることを明らかにした。27日付香港各紙によると、設立から4年を迎えた前海管理局の張備・局長は、前海に登記された企業はすでに1万2000社余りで、うち約7000社は金融業、香港系企業は約500社に達したことを紹介。最近認められた26項目の金融イノベーション政策では、うち12項目が保険、証券、ファンドなどで深センと香港の協力を推進するものであることなどを説明した。

また深セン市政府金融発展サービス弁公室の肖志家・副主任は、上海・香港証取の相互乗り入れの準備が進む中、深セン市政府も中国証券監督管理委員会に深セン・香港証取の相互乗り入れに関する要求を提出、研究を進めていることを明らかにした。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2014/08/%e6%b7%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e5%89%8d%e6%b5%b7%e3%80%81%e7%99%bb%e8%a8%98%e4%bc%81%e6%a5%ad%ef%bc%91%e4%b8%87%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%90%ef%bc%90%e7%a4%be%e3%81%ab/trackback/
この投稿へのリンク
深セン前海、登記企業1万2000社に from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET