1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)
 

仏高級ブランド大手LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンはこのほど、傘下の投資会社Lキャピタルアジアを通じて、地場中華料理チェーン大手クリスタルジェードを買収したことを明らかにした。4月30日付ストレーツ・タイムズなどが伝えた。Lキャピタルアジアのクリスティーナ・テオ社長によると、同社はクリスタルジェードの株式90%以上を取得した。買収額は公表していないが、消息筋によると、約1億米ドル(約103億円)に上るという。

クリスタルジェードは1991年にシンガポールに1号店を出店。その後急成長を遂げ、現在は国内で47店、海外で82店を展開している。2013年の売上高は約2億5,000万Sドル(約204億円)。同社の創業者であるイップ・ユートン会長兼最高経営責任者(CEO)は、自身が高齢となり、子どもが会社を引き継ぐつもりがないことから、LVMHへの身売りを決めたと説明している。

Lキャピタルアジアは豊富な資金やLVMHのブランド力を活用し、クリスタルジェードの海外進出を強化する方針。中東や欧州での出店を計画している。今年は18店を新規出店する予定。将来は上場も視野に入れているという。(NNA.ASIA

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2014/05/ma-%e4%bb%8f%ef%bd%8c%ef%bd%96%ef%bd%8d%ef%bd%88%e3%80%81%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%92%e8%b2%b7%e5%8f%8e/trackback/
この投稿へのリンク
[M&A] 仏LVMH、クリスタルジェードを買収 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET