1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 1 投票)
 

中国食肉大手の双匯国際控股(河南省ラク河市、ラクはさんずいに塁、双匯国際)は米国時間6日、世界最大の豚肉生産企業、米スミスフィールド・フーズ(スミスフィールド)の買収案件について米国の対米外国投資委員会(CFIUS)から正式に承認を得た。今月24日に開催予定の株主総会でも承認されれば、年内にも買収手続きが完了する見通し。9日付新京報などが伝えた。

双匯国際は今年5月、スミスフィールドを71億米ドル(約7,070億円)で買収すると発表した。買収額にはスミスフィールドの負債約24億米ドルも含まれる。スミスフィールドの筆頭株主、米投資会社スターボード・バリューLPが買収に反対の意向を示していたが、CFIUSの承認を得たことで手続きは順調に進むとみられる。

双匯国際によるスミスフィールドの買収は、同社中期計画の実現に向けた動きの一環。2015年末には食肉生産量を現在の2倍に当たる600万トン、売上高を少なくとも2.5倍の1,000億元(約1兆6,300億円)以上にそれぞれ引き上げ、中国最大、世界有数の食肉供給業者への成長を目指す。(NNA.ASIA

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/09/approved-shuanghui-project-by-cfius/trackback/
この投稿へのリンク
[M&A] 双匯国際の買収案件、米CFIUSから承認 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET