1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 2 投票)
 

自由貿易区(FTZ)であるインドネシア・リアウ諸島州バタム島から、外資企業の撤退が続いている。最低賃金の上昇などで年内に日系など5社以上が工場を閉鎖する見込みだ。イ ンドネシア経営者協会(Apindo)リアウ諸島州支部のアビディン顧問は、既に2社が工場を閉鎖しており、今後も撤退する企業が増えると指摘。今年のバタム市の最低賃金が前年から46%増の204万インドネシア・ルピア(約1万8,000円)に高騰したことを受け、タイやベトナムといったより優遇制度の整った場所に工場を移転する動きがあるという。8月31日付インドネシア各紙が伝えた。(NNA香港

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/09/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%90%e3%82%bf%e3%83%a0%e5%b3%b6%e3%81%ae%e5%a4%96%e8%b3%87%ef%bc%95%e7%a4%be%e6%92%a4%e9%80%80%e3%81%b8/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・バタム島の外資5社撤退へ、最低賃金高騰で from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET