1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
 

韓国・サムスン電子のベトナム現地法人サムスン・ビナは、ベトナムでの新たな投資に向けてホーチミン市や南部ドンナイ省を候補地として検討しているもようだ。サムスン・ビナの関係者は、北部ハイフォン市、中部ダナン市とフエ市、ホーチミン市、ドンナイ省を視察。ドンナイ省工業団地管理委員会(DIZA)のボー・タイン・ラップ委員長は、「サムスンによる公式な発表はされていないが、新規投資に向けた実際的な視察だった」と説明。一方、ホーチミン市のハイテクパークの関係者も新規投資に関して、サムスン側と協議したことを明らかにしている。また、サムスン電子無線事業部の申宗均社長は3月、ベトナムを新たな生産基地として位置づけていると説明し、新規投資の可能性を示唆していた。7月29 日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)が伝えた。(NNA香港

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/07/%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%b3%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%80%81%ef%bd%88%ef%bd%83%ef%bd%8d%e5%b8%82%e3%81%aa%e3%81%a9%e3%81%a7%e6%96%b0%e8%a6%8f%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%82%92%e6%a4%9c%e8%a8%8e/trackback/
この投稿へのリンク
サムスン電子、HCM市などで新規投資を検討 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET