1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 3 投票)
 

2013年3月25日、税務当局は2009年1月1日以前のOn the spot輸出入に対する外国契約者税の源泉徴収についてオフィシャルレターNo. 939/TCT-KKを発行した。
以下、オフィシャルレターの要約である。
2005年2月16日以降、On the spot 輸出入に対する外国契約者税が源泉徴収されている。(2005年1月11日 Circular No. 05/2005/TT-BTC に基づく)
ベトナム法人が外国法人の代わりに税申告、及び支払を行う義務を負っている。もし申告が行われていない、もしくは誤った申告が行われていた状況で、税務当局がまだ調査を行っていない場合、修正申告を行うことが可能である。
既に税務調査の結果が出ており、過去に遡って税金を徴収される場合、違反の重大性によって罰金を支払うこととなる。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/05/vietnam-withheld-tax-on-the-spot-trade/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・On the spot輸出入に対する外国契約者税の源泉徴収について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET