1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 1 投票)
 

深セン市で1月28日、前海深港合作区での越境人民元融資第1陣の契約調印が行われた。29日付香港各紙によると、越境人民元融資は香港の銀行15行が前海に設立された企業15社と契約。融資プロジェクトは計26件で、総額は20億元に上る。銀行側は香港上海銀行(HSBC)、恒生銀行、中国銀行(香港)、国家開発銀行香港支店など、企業側は前海開発投資控股、順豊電子商務、広大物流などが名を連ね、インフラ建設、物流、電子商取引などのプロジェクトが対象となっている。

そのほか中国建設銀行深セン支店と交通銀行深セン支店による香港企業2社への計6億2000万元の越境人民元融資も契約。中国本土の銀行から海外プロジェクトに対する初の人民元融資となり、前海では双方向の越境融資が実現した。現在、本土の基準貸出金利(1年)は約6%だが、香港の人民元貸出金利(1年)は4%以下であるため、前海では低コストの資金を利用して開発が行える。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2013/01/cross-border-loan-in-qianhai-shenzhen/trackback/
この投稿へのリンク
深セン前海、初の越境人民元融資に調印 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET