1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)
 

みずほコーポレート銀行・みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行(かな順)は5月29日、6月1日より東京市場で円-人民元の直接取引を開始する旨、それぞれ発表をした。発表によれば、各行中国子会社であるみずほコーポレート銀行(中国)有限公司、三井住友銀行(中国)有限公司、三菱東京UFJ銀行(中国)有限公司も6月1日より中国国内市場で人民元-円のマーケットメーカー制度への参加をする。

原理的にはたとえば日本円から人民元へ両替を行う際、日本円から米ドル、米ドルから人民元へ交換を行う現行のやり方よりは、日本円から人民元に直接交換を行う形のほうが、為替手数料の削減メリットが生じると考えられる。

中国人民銀行も5月29日、中国外為市場が人民元-円の直接取引が開始されることでより発展することに対し歓迎の意を表明している。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2012/06/direct-trading-of-chinese-currency-and-japanese-currency/trackback/
この投稿へのリンク
中国・3メガ銀と現地法人、円-人民元の直接取引を開始 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET