1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.50 評価, 2 投票)
 

アジア開発銀行のアジア開発展望リポート(ADO)によると、今年のインフレ率は一桁に留める可能性があるが、翌2013年は再び11.5%に上昇する。その原因は経済成長及び世界の食料価格上昇、国内の電気・燃料価格上昇である。

同行によると、政府が金利引き下げを急いで実施すると、ドン安となり、今まで努力して安定を維持してきたマクロ経済要素、企業、投資家、消費者の心理及び外貨準備高に悪影響を与える恐れがあるとのこと。また、ベトナムの中小銀行のシステムは極めて脆弱であり、このシステムが危険的状況に見舞われると、さらに企業及び金融システム全体への不安を掻き立てると指摘している。(原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2012/04/vietnam-asia-development-bank/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・アジア開発銀行(ADB)、金融緩和政策の早期実施に異議 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET