1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.50 評価, 4 投票)
 

日系企業のM&A対象企業は時価総額500万~1億ドルの企業である。
日系企業の海外におけるM&A案件数が増加しつつあり、2011年のM&A成立数は前年比23%増となった。


日系企業はアジアにおけるM&A活動に深く関心を持っており、特にベトナムは、アジアにおいて中国とインドに次ぐ第3位の地位を占めている。2007年におけるベトナムのWTO正式加盟以来、日越間のM&A取引が活発になった。

日系企業はベトナム市場に参入するために、既に国内市場における一定のシェアを確立した企業と協力している。2011年の日系企業のベトナムでのM&A件数が16件あったが、今年はさらに32件にのぼると予想されている。特に製造業は2009年以降、増加傾向にある。(原文

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2012/03/vietnam-expect-double-number-of-m-and-a-matter/trackback/
この投稿へのリンク
ベトナム・日越間のM&A総額が倍増予想 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET