1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.75 評価, 8 投票)
 

2011年11月25日(金)、北京市において、北京市社会保険基金管理中心の呉暁軍主任、焦軍課長を説明者として招き、日系企業を対象とした北京市社会保険の説明会が開催された。以下は、口頭による説明及び質疑応答の内容をまとめたものである。また、実施細則の公布は12月中を予定している、とのことである。



1. 加入対象

就業証を取得している外国人。

2. 加入申請地

就業証を取得した企業の所在地。例えば、北京で業務を行っていても、広州の会社で就業証を取得していれば、広州で加入手続きをとることになる。給与の源泉地基準ではない。

3. 申請期限

申請は北京市内17ヶ所で受け付けており、2011年12月31日(土)までに申請が受理されれば、滞納金は科されない。申請期限を過ぎても申請を行っていない(申請が受理されていない)場合、2011年10月15日に遡って滞納金が科される。

4. 保険料

保険の種類 会社負担 個人負担
養老保険 20% 8%
医療保険 10% 2%+3元
失業保険 1% 0.2%
出産保険 0.8% -
労災保険 0.5%、1%、2% -
※労災保険は職業により3段階に分かれている。

5. 保険納付基数の上限

社会保険料納付基数の上限は、2010年度北京市従業員の平均月収(4,201 元)の3倍。すなわち、1万2,603 元。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/12/about-social-securities-for-foreign-worker-in-beijing/trackback/
この投稿へのリンク
[まとめ] 北京市の外国人社会保険加入 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET