1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 5 投票)
 

今年第3四半期(7―9月)決算を発表した中国自動車メーカーの多くは、純利益が前年同期比で50%以上減少したことが分かった。国内の新車販売市場が調整期に入る中、一年で最も自動車が売れると言われる9月も販売が上向かなかった。11日付新快報が伝えた。

長安汽車、一汽轎車、広汽長豊汽車などは赤字決算となった。うち長安汽車は純損益が1億4200万元の赤字に転落し、中国自動車メーカーの中で赤字幅最大。小型車の販売減少を業績悪化の理由として説明した。一汽轎車は4900万元の赤字となり、1―9月では純利益が前年同期比約5割減少した。通年は50―80%の減益となる見通しを明らかにしている。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/11/motor-vehicle-industry-profit-decline-in-the-third-quarter/trackback/
この投稿へのリンク
自動車メーカー、7―9月期は利益半減 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET