1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 7 投票)
 

『青島晩報』は、山東省青島市内の即墨市は、土地が肥沃で水資源が豊富であるため大規模農業に適しており、大企業による農業への投資がブームとなっていると報じた。地元の農家の中には、大企業の農場に月給制の従業員として就職、定時出勤、退社の勤め人となるケースが目立ち始めた。

即墨市政府は、進出した農業企業に対し、農地を貸し出した地元農家を優先的に雇用するよう求めている。農民は、地代の他、毎月1500―2000元の給料があるため、現金収入は、自身で耕作していたころの数倍に上る。これまでに農業企業に貸し出された農地は5000ムー(約3平方キロメートル)で、企業、農家ともに経済的な利益を受けている。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/09/big-enterprises-invest-in-agriculture-in-shandong-province/trackback/
この投稿へのリンク
山東省、大企業による農業投資ブーム from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET