1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 9 投票)
 

先の李克強・副首相の香港訪問で発表された人民元による海外から中国本土への直接投資(FDI)について、国務院商務部は管理弁法の草案を発表した。24日付香港各紙によると、商務部の発表では「これは昨年から個別に試験方式で認可している人民元FDIを正式化するもので、中国の資本取引開放の重要な一歩」と位置付け、8月31日まで公に意見を受け付けている。

投資額が3億元以上でマクロ調整にかかわる業界は商務部が審査、それ以外の3億元未満の投資は地方の商務部門が審査。有価証券や金融派生商品などへの直接・間接投資は認めず、投資できる人民元資金は貿易決済や海外での債券・株式発行などで得たもののほか、外国企業が中国投資で得た利益から海外送金した資金も含まれる。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/08/released-a-draft-regulation-of-foreign-direct-investment-in-chinese-currency/trackback/
この投稿へのリンク
人民元FDI、管理弁法の草案を公開諮問 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET