1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 6 投票)
 

国務院発展研究センター産業経済研究部の楊建竜・副部長はメディアのインタビューに対し、「中国の自動車産業は2013年から新たな成長期に突入する」との考えを明らかにした。中国の各メディアが伝えた。

楊副部長は、自動車産業の成長スピードが明らかに鈍化したことを認めた上で、「当局による政策の効果に加え、市場自体のライフサイクルが減少期に入っているため」と説明。12年末までは減少傾向が続くが、13年には新しい周期が始まり、再成長が見込めるとの予測を示した。中国自動車工業協会などが、過去の自動車市場のライフサイクルに関するデータを元に試算したところ、15年までの中国の自動車販売台数は2300万-2400万台程度と見込まれている。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/08/2013-auto-market-will-start-to-regrow/trackback/
この投稿へのリンク
自動車市場、2013年に再び成長期突入か from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET