1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5.00 評価, 2 投票)
 

インドネシア国税当局はNo.SE-29/PJ/2011において、2011年度の税務調査の実施計画を発表した。2011年度に行われる税務調査により、国税当局は9兆ルピアの税収増を見込んでいる。この目標額は国内の各税務署に配分される。税務調査のターゲットとしているのは移転価格税制及び関連会社間取引。重点業種は、エネルギー産業、建設、自動車、電気通信、繊維、化学製品、不動産広告、飲食業、等を含む16業種。

通達は、この他に個人富裕層、公務員、弁護士等のプロフェッショナル業等にも税務調査の重点を置くとしている。また、2011年度の税務調査は2008年度以降の税務申告に重点を置き行う予定である。

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/06/indonesia-tax-inspection-in-2011/trackback/
この投稿へのリンク
インドネシア・2011年度の税務調査重点業種等について from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET