1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.89 評価, 19 投票)
 

広東省汕尾市にこのほど、深セン市との協力で開発を進める「深汕特別合作区」が正式に設立された。

22日付『文匯報』などによると、深汕特別合作区は汕尾市海豊県にある4つの鎮を合わせた463平方キロメートルの範囲で、合作期限は2040年までの30年間。両市それぞれの優位性を持ち寄り産業と労働力の移転推進を図る。地域協力のモデルケースとして、東部の汕尾を珠江デルタに融合させて発展を促進する戦略だ。構想は2008年初めに始まり、先端的電子・情報通信産業、先進製造業、現代サービス業などの産業基地を発展させ、2020年までに域内総生産(GDP)で2000億元超を目指している。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/05/shenzhen-and-shantou-built-up-special-administrative-region/trackback/
この投稿へのリンク
深センと汕尾「深汕特別合作区」を設立 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET