1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.94 評価, 18 投票)
 

深セン市住民の中で湖南省出身者が最も多いことが分かった。14日付『明報』によると、これは深セン市統計局が発表した第6次全国人口調査で明らかになったもの。2010年の人口は1035万人で、過去10年間で335万人増加。1日当たり平均約1000人増えている。

男性は561万人、女性は474万人で、男女の人口比が逆転した。出身地別で見ると、定住人口のうち50万人を超えているのは湖南省の118万人が最も多く、続いて湖北省の81万人、以下、広西チワン族自治区、四川省、江西省、河南省となっており、広東省は50万人に達していない。海外(香港・マカオ・台湾含む)からは15万人だった。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/05/most-of-the-shenzhen-citizens-come-from-hunan/trackback/
この投稿へのリンク
深セン市民、最も多いのは湖南省出身 from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET