1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4.65 評価, 54 投票)
 

統計局によれば、今年2月の北京市の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で5.3%の上昇となった。2008年9月以来の高いレベルとなった。『北京商報』などが伝えた。

消費材は4.1%、食品は9.0%ずつの値上り。北京市統計局によると、住宅の賃貸価格の上昇が「居住類」の指数を押し上げ、同市のCPIが全国レベルを上回る要因となった。(香港ポスト

コメント:0

コメントフォーム
個人情報を記憶する

トラックバック:0

この投稿へのトラックバックURL
http://www.nacglobal.net/2011/03/beijing-cpi-up-53-percent-in-feburary/trackback/
この投稿へのリンク
北京市のCPI、2月は5.3% from 香港・中国・東南アジア法令情報サイト NAC Global .NET